« 黄門様のお庭は花盛り | トップページ | トゲのある竹 »

菌が造ったサプリメント

前回からのつづきです。

西山荘をあとにして次に向かったのが、常陸太田の市街地にある醤油の醸造元「ヨネビシ醤油」です。寛政十二年(1800)から醤油を造り続けている蔵元です。


0803191
どうです、この風格。大人が四、五人がかりでやっと抱えるほどの仕込み桶です。箍(たが)の隅々まで菌がはびこっています。この木桶の材はスギで、箍はマダケだそうです。スギは高倉村(旧水府村)のもので、マダケも地元産を使用しています。現在同じような木桶を作ろうとしても、材料がないばかりか組み立てる職人もいないそうです。その話を聞いて、日本の伝統産業はどうなってしまうのかと、ちょっと考えさせられてしまいました。


0803192
この木桶の容量はなんと10,000リットル(五十五石)。高さ、直径とも3メートルあります。作られたのは大正4〜8年の間だそうです。「この桶が使えなくなったらどうするのか?」と心配になりました。桶は取り替えることは不可能で、蔵ごと作り替えるしかないようです。そりゃそうです。直径3メートルもの大きな桶が30から40くらいありましたから。

でもこれらの桶は、仕込みを続けていれば200〜300年は持つそうです。それを聞いてちょっと安心しました。大正の初期だと、すでに100年近く経っています。でもあと200年くらいは使える計算になります。(仕込みを続けないと材が乾燥して隙間ができてしまうそうです)

お話によると、この木桶の材のなかにたくさんの菌が棲んでいて、それらが醸造のときに活躍するそうです。しかも、材や土蔵に棲んでいる菌は醸造所ごとに微妙に異なり、その違いが味や香りに出るとのことです。つまりその店独自の味があるのはこのことが理由。菌が造る伝統の味、とても奥深いです!


0803193
これは土蔵内の土壁についた菌のようすです。考えてみれば、日本人は発酵食品と縁が深いです。味噌や納豆、漬け物もそうです。私はこれらを「生きていく上で欠かせないサプリメント」だと思っています。ビタミンなどを錠剤で飲むのもいいですが、発酵食品を採ることも大切ではないでしょうか? ちなみに、こちらで買い求めた醤油を家で使ってみたら、とてもいい香りがしました。これは大手の醤油メーカーの製品にはない匂いだと思います。印象としては、見学させてもらった蔵と同じ匂いでした。そういえば、案内してくれた方が、仕込みや醸造の際には匂いが重要と言っていました。お酒と違い、味ではなく、匂いで発酵具合などを判断するようです。


0803194
醤油の醸造所を見学したのは初めてですが、製造工程や施設のこと、菌の話など、とても興味深い話が聞けました。


0803195
ついでに気になった外壁の出っ張りについても質問してみました。これは土蔵に直接打ち込まれた金具です。ここに楔状に木をはめ込んで壁板を留めています。これを外すのはどんなときだかお分かりですか? じつは火事のときにこれを一斉に外して木の壁板をバタンバタンと倒すそうです。つまり、サイディングをワンタッチで外せるシンプルな仕組みになっているのです。これを外せば土壁がむき出しになり、火を寄せ付けないわけです。じつに工夫が凝らされています。機能美というのはこういうものを言うのではないかと感心しました。


0803196
もちろん、見学のあとにお醤油を買って帰りました。1時間にも及ぶ質問攻めに快く答えてくださった担当者の方には、この場を借りてお礼を申し上げます。


(2008.3.16/常陸太田市)


このブログを見て興味をお持ちになった方は、ぜひ訪ねてみてはいかがでしょう? そう思った方のために住所と電話番号、ホームページアドレスを下に書いておきます。

醸造元 ヨネビシ醤油株式会社

〒313-0063 茨城県常陸太田市内堀町2365
☎0294-72-2255 フリーダイヤル0120-141-123
http://homepage2.nifty.com/yonebishi/

*見学は土・日のみだったと思います

|

« 黄門様のお庭は花盛り | トップページ | トゲのある竹 »

日常」カテゴリの記事

コメント

こんにちはー
お醤油の桶、でっかいですね~!!
土壁についた菌も、天然だな~って感じです。
さぞかしおいしいお醤油なのでしょうね☆

西山荘の写真も、風情ありますねcherryblossom
ほのぼの抹茶でも頂きたいものです・・・

父は源五郎さんのこと知ってるようです!
いや、縁とは不思議なものです。
ちなみに私は源五郎さんの描いたポスターとても好きですhappy01
明日博物館にいってきまーす☆

投稿: O | 2008年3月22日 (土) 17時33分

Oさん、こんばんは。

源五郎さんに伝えておきます。きっと喜ぶと思いますよ(何も出てこないとは思いますが…)。

博物館行くんですか、いいなぁ〜。
あっ、そうだ! 私もチケットあるんだっけ。
4月になったら行ってきま〜す。

そうそう、例のものありがとうございました。
家族全員で使わせていただきます。
お父様にもよろしくお伝えくださいませ。

投稿: mushizuki | 2008年3月22日 (土) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/11526774

この記事へのトラックバック一覧です: 菌が造ったサプリメント:

« 黄門様のお庭は花盛り | トップページ | トゲのある竹 »