« 焼きそば食べるら〜 | トップページ | おばちゃん、このお魚透明だよ »

茨城にもどってきました

長かった山梨〜静岡シリーズも終わり、ほっとしています。

さらりと書くつもりがコテコテになってしまい、途中から自分でも嫌になってしまいました。そんなシリーズを読んでいただいた皆様、ありがとうございます。

というわけで、やっと地元・茨城のことを書けることになりました。でも、内容は相変わらず希薄ですので、読み流してくださいね。


08040821
もっとムーディな写真になると思ったのに…。これじゃ草むらから獲物を狙っている獣の視点ですね。

向こうに写っているのは涸沼(ひぬま)です。海とつながっているから汽水湖になります。聞いた話によると、いろんな魚がいるそうです。要するに、淡水魚と海水魚の両方に加え、汽水域を好む珍しい種類も生息するとか。生息種の多様性を考えると、とても貴重な沼だと思います。


08040822
私に驚いて、カモが飛び立ちました。


08040823
ちゃぷちゃぷと打ち寄せる水の音に、思わず心が和みます。かすかに潮の香りがするのは気のせいなのでしょうか。砂浜があるところなど、海岸と同じですね。


08040814
お散歩中のおばさんがいました。改めて思ったのですが、水辺の松の木ってなぜか絵になりますねぇ〜。枝先に天女の羽衣などかかっていそうな雰囲気です。ここだったら水遊びにも最高なのですが、あまり水はきれいとは言えませんでした。


08040816
歩いている途中で見つけた花です。これはコブシのようです。鼻をくっつけて匂いをかいだら、ハムスターのおしっこの匂いがしました。表現が下品ですが、子どもの頃飼っていたハムスターを思い出したのは事実です。

余談ですが、ペアのハムスターは30匹以上に殖えました。ミカン箱に網を張って飼いましたが、餌代が大変でした。今思うと、その殖え方はまさに「ねずみ算」式でした。


08040817
なんとも可憐な花です。うなだれているところなど、乙女の恥じらいを思わせます。名前が分からなかったので、がんばって調べてみました。どうやら園芸品種のスノーフレークという花みたいです。スズランスイセンとかオオマツユキソウとも呼ばれるようです。花びらの先端についた緑の点がとてもイカしてます。


08040815
しばらく歩くと、沼で何かを捕っているおばさんを見つけました。ワクワクしておばさんのところまで走り出す私。もう、好奇心全開です。

これ以上書くとまたコテコテになりそうなので、つづきは次回にします。


(2008.4.4/茨城町)

|

« 焼きそば食べるら〜 | トップページ | おばちゃん、このお魚透明だよ »

日常」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。そしてお帰りなさい!
僕は関東からもう四、五年は出てないのでうらやましいです!

涸沼いいところですよね~
大学一年の頃は水戸に生息していたので、よく下流の涸沼川に釣りしに行ってました。
ウナギなどが釣れてそれは楽しかったです。あれからもう三年も経ってしまいました…

コブシの花がハムスターのおしっこですか。。。今まで嗅いだことがなかったので今度クンクンしてみます。
しかし30匹とはすんごいですね。

投稿: taro | 2008年4月 9日 (水) 22時08分

taroさん、こんばんは。

涸沼っておもしろいですよね〜。時間があったらゆっくり見て回りたいです。

ところで、taroさんは4年生ですか。そうなると今年はすご〜く忙しいんでしょうね? じつは前々から言っていた「一緒に観察会」を実現したいと思っていたのですが、ちょっと無理でしょうか。もし可能なら、ぜひご一緒したいです。

投稿: mushizuki | 2008年4月10日 (木) 18時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/20068904

この記事へのトラックバック一覧です: 茨城にもどってきました:

« 焼きそば食べるら〜 | トップページ | おばちゃん、このお魚透明だよ »