« 奇跡のオルゴール。運命はタイタニックとともに | トップページ | スキーに来たんだっけ? »

茨城のうどんにはない。このコシ、歯ごたえ

またまた前回からのつづきです。山梨の一日はまだ終わりません。

08040510
「河口湖 オルゴールの森」のすぐ近くにあるのが、「河口湖 木ノ花美術館(きのはなびじゅつかん)」です。ここには池田あきこさんが描いた絵本『わちふぃーるど』の主人公・ダヤンの絵がたくさんあります。この猫、私でも知っているくらいですから、みなさんもご存知でしょう。館内に入ってみると、そこには独特の雰囲気が漂っています。キャラクターものにはほとんど興味がない私ですが、見ていてとても楽しかったです。


080405120804051308040514
じつは私、犬派なのです。あえてキャラクターもので言うなら“うめ吉”が好きです。こっそり言うと、ぬいぐるみも持っています(抱いて寝たりはしません!)。ついでに“あやか”も持っています。今でも家のどこかにあるはずですが、もう20年近く会っていません(きっと飢え死にしてるかも)。いや〜、なんでそんな話をしたかと言うと…。うめ吉だったらこんな美術館はできないだろうなぁと考えたからです。それくらいダヤンの個性は際立っています。絵を見ていると、本当にいる猫なのかと思うくらいです。それを考えると、池田あきこさんの世界ってすごいと思います。キャラクターに命を吹き込む筆力、さすがです。恐れ入りました。


08040516
あまり自然観察をしていなかったので、ここで唯一の植物をご紹介。と言ってもコケです。山梨のコケ、私にとっては初対面です。木ノ花美術館の敷地に生えていました。


08040515
こちらは富士山です。

(言わなくったって分かる!)

そりゃそうですよね。でも、大事なのはこの場所なんです。ここにバス停がありまして、その名も「逆さ富士」です。残念ながらこの日は空が曇り、湖面が波立っていて逆さ富士は拝めませんでした。見られなかったことが、今でも心残りです。


08040517
さぁ〜て、お昼はこれ。白須うどんです。なんでも地元では有名だそうで、一度は食べなければと思っていました。と〜こ〜ろが、お店はお客さんでごった返しています。並んでまで食べることはめったにしないのですが、この日ばかりは特別です。歯を食いしばって最後尾に並びました。

15分以上待ったでしょうか、やっとうどんにありつけました。ごってり乗ったキャベツとニンジン。メニューはかけうどん、冷たいうどん(温かい汁につけて食べる)の二種のみ。写真はかけうどんです。もっちりとした歯ごたえは、茨城で食べたことがない感覚。一度、名古屋で味噌煮込みうどんを食べたことがありますが、名古屋のうどんほどはかたくありません。

ご主人に話を聞いてみました。うどんで大切なのは加える水の量で、コシの強さにすごく影響するそうです。ちなみに、その日の天気によって微妙に水の量を変えると言っていました。しかも使っているのは富士山の伏流水。麺が締まって味が良くなるらしいです。つゆは鰹だしをベースに作っています。胡麻を原料にした特製からしが置いてあり、途中からそれを入れると二種類の味が楽しめます。

お値段はなんと300円! 安い、安すぎます。どうりで列ができるほど混むわけです。お店は普通の民家の居間であるところもユニークです。


08040518
うわぁ〜、またまた長いこと書いてしまいました。でもこれでおしまいです。写真は宿泊先のビジネスホテルからの眺め。和みますねぇ〜。私は山の風景が好きです。特に山並みが続いている土地には郷愁を感じます。あの日の暮れていくときの色の変化を見ていると、なぜか古典の世界に引き込まれてしまうのです。

今は電気のある時代だから夜でも安心ですが、月の光とわずかな灯火だけが頼りだった時代はどうだったのでしょうか? 山を見ていると、ついついそんな昔の人々のことを考えてしまいます。だから、山の中腹などに明かりが灯っていたりすると、えも言われぬ心境になるのです。もし、そこに恋しい人が住んでいたのなら…なんて想像して。歌を詠んだり、恋文をしたためたりする気持ちがなんとなくわかるような気がします。

(2008.4.2/山梨県・富士河口湖町)

|

« 奇跡のオルゴール。運命はタイタニックとともに | トップページ | スキーに来たんだっけ? »

日常」カテゴリの記事

コメント

どうもこんばんは。
私、うめ吉もあやかも知りません(がーん!?)

今日は乙戸沼公園にお花見に行きました。
念願のかもさんも沢山いました!ついでにアヒルさんも!そしてなぜかニワトリさんやアレはチャボ・・・?も。尾長鳥のような感じのも・・・何なんだ何なんだ
いやー、アヒルさんの真っ白くてふわっとした羽がなんとも言えずいいんですな~人間慣れしていて近寄ってもぜんぜん平気だったのでまじまじ見てきました。しかし、足は体の後ろにあるのに、よく上手に浮いて泳いでられるな~

山梨うらやましいです!私は去年行ったけれど、逆さ富士どころか富士山さえ全く見えませんでしたヨ・・・

オルゴールすばらしくきれいですねぇ。雰囲気出しすぎててどうしようもない感じですね!!あこがれる~
いいないいなー

海外旅行いけるならスイス行きたいデス☆

投稿: o | 2008年4月 5日 (土) 22時49分

Oさん、こんばんは。

本日、乙戸沼公園の近くを通りました。千葉で仕事だったので、常磐道から眺めただけですが…満開の桜が高速道路からもよく見えました。

今日はお花見には最高の日でしたね。

帰り道に小貝川沿いにある福岡堰の桜を見てきました。夕方だったのに大勢の人が来ていて、ものすごいにぎわい。やっぱり桜の名所だけのことはあります。

投稿: mushizuki | 2008年4月 6日 (日) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/12281278

この記事へのトラックバック一覧です: 茨城のうどんにはない。このコシ、歯ごたえ:

« 奇跡のオルゴール。運命はタイタニックとともに | トップページ | スキーに来たんだっけ? »