« 雨の森のアーチストたち…木の葉 | トップページ | 菅生沼で植物観察 »

雨の森のアーチストたち…虫

0805191
朽ち木に寄り添う一匹の虫。


0805192
死しても色褪せぬ体。その輝きは何のために?


(2008.5.11/桜川市・旧真壁町)

|

« 雨の森のアーチストたち…木の葉 | トップページ | 菅生沼で植物観察 »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

アオハムシダマシ、まさにこの色。奇麗に撮れてますねぇ〜。恐れ入りました。
私には実物の美しさを撮りにくい代表です。レンズやスピードライトの設定を変えて試すときには、アオハムシダマシの標本をサンプルにする事が多いです。小さくて、奇麗、その両方が上手く写るかどうか・・・。私がモデルにしているのは3年経ってますが、まったく色褪せてません。

投稿: takao_bw | 2008年5月18日 (日) 20時35分

takao_bwさん、こんばんは。

虫の名前を教えていただきありがとうございます。
手抜きして、図鑑で調べもせず載せてしまいました。

確かにきれいな虫でした。撮りたくなる虫っていう感じですね。てっきりカミキリムシかと思っていたのですが、ハムシダマシだったとは。

写真がきれいに撮れてるとしたら、それは偶然です。ストロボも使わず、ホワイトバランスも何も調整せずに撮っていますので…。証拠写真的な撮り方が私のスタイルになっています。

そういえば今日は変なカミキリムシを撮りました。近日中にブログに書きますので、ぜひ名前を教えてください。

投稿: mushizuki | 2008年5月18日 (日) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/20974925

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の森のアーチストたち…虫:

« 雨の森のアーチストたち…木の葉 | トップページ | 菅生沼で植物観察 »