« 蛾が撮れました | トップページ | シジミチョウ2種 »

砂浜の花…悲しい蜘蛛物語

0806161
先日、千葉県の方で仕事があったので、帰りに神栖市(かみすし)〜鹿嶋市経由で帰ってきました。その目的は…イソコモリグモを見つけるためです。イソコモリグモは海岸近くに生息する蜘蛛で、関東地方では茨城の浜辺にしかいません。かなり珍しく、貴重な種であると思います。全国的には絶滅危惧種に指定されている蜘蛛で、茨城では希少種になっています。

さて、結果から言うと残念ながらイソコモリグモは見つけられませんでした。その代わりに撮ったのが下の花たちです。日没近い時間だったので色が悪いのはお許しください。


0806162
ハマヒルガオです。近所にあるコヒルガオとそっくり。でも葉のようすがぜんぜん違います。ハマヒルガオの葉はかなり厚いです。


0806163
0806164
これは何でしょう? 巨大なマツバボタンのような感じです。こちらも葉が厚く、まるで多肉植物のような印象です。


0806165
ほとんど夜に近い時間に撮りました。ハマボウフウです。色が悪すぎて違う植物に見えます。あ〜あ、こんな時間までイソコモリグモを探しても一匹も見つからないなんて…とほほ、一体私は何をしているのでしょう???


(2008.6.6/鹿嶋市・旧大野村)

|

« 蛾が撮れました | トップページ | シジミチョウ2種 »

植物」カテゴリの記事

コメント

こんばんはmushizukiさん、海浜植物の写真、楽しませてもらいました。ご本人は色が悪いといっておられますが、個人的にはハマボウフウのカットは秀作だと思います。モノトーンの不思議な色調がいいじゃないですか!すごくかっこいいですね!!
例えが妙かもしれませんが、焼酎のiichikoなんかのコマーシャルフォトみたいで、ドラマチックな空気を感じます。
図鑑的な意味合いだとどうなんだかわかりませんが、感覚的に素晴らしいと思います。ノートリミングでポストカードにできますよ!

投稿: ぐりお | 2008年6月18日 (水) 00時07分

お褒めいただきありがとうございます。

何も考えずに撮ったものなので、じつに妙な気分です。
もしかして、あれこれ考えずに、直感的に撮ったほうがいいのかしら…「馬鹿の考え、休むに似たり」って言いますからね。ハハハ

投稿: mushizuki | 2008年6月18日 (水) 10時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/21672741

この記事へのトラックバック一覧です: 砂浜の花…悲しい蜘蛛物語:

« 蛾が撮れました | トップページ | シジミチョウ2種 »