« 緑のタイル | トップページ | 音の煙幕 »

糞まみれの幼虫

0807051
ハムシの幼虫には自分の糞をまとうものがいますが、外敵から身を隠すためなのでしょうか? 稲の葉の上にそれらしい物体がありました。


0807052
洋服を脱いでもらうと、写真の幼虫が出てきました。きっとこれもハムシの幼虫だと思います。もちろん、何ハムシかわかりませんが…


(2008.7.2/石岡市)

|

« 緑のタイル | トップページ | 音の煙幕 »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

(多分×多分)見た事は無いのですが、イネクビボソハムシの幼虫かもしれません。糞を被った様子からドロオイムシとも呼ばれることがあるそうです。
有る意味究極のエコですよねぇ。

投稿: takao_bw | 2008年7月 6日 (日) 22時17分

takao_bwさん、こんばんは。

またまたコメントありがとうございます。イネクビホソハムシといえば、6月に成虫を紹介した記憶があります。あの虫の子どもがこれかもしれないんですね。

持って帰って育てれば答は出るのですが…。そこまでは考えませんでした。

投稿: mushizuki | 2008年7月 6日 (日) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/22110686

この記事へのトラックバック一覧です: 糞まみれの幼虫:

« 緑のタイル | トップページ | 音の煙幕 »