« 「郷愁40きっぷ」で行く、乗り鉄の一日 1 | トップページ | 「郷愁40きっぷ」で行く、乗り鉄の一日 3 »

「郷愁40きっぷ」で行く、乗り鉄の一日 2

0808172
旅の起点となったのはJR常磐線・羽鳥駅。
飾り気のない駅舎が、町の規模やようすを雄弁に語っています。
私はこのような駅舎が好きです。


08081730808174
早朝の6時過ぎのホームは人がまばらで、
雑踏の気配さえ感じられません。
こんな乗客の少ない駅にも、電車は時刻通りにやってくるのです。
日本の鉄道ってすごいな〜と改めて感じずにはいられません。

反対側の上りホームをカラフルな車両が通り過ぎていきます。
「フレッシュひたち」です。鉄道マニアの間では、
そこそこの評価をもらっている車両らしいです。


08081750808178
平日の通勤時間帯に突入したこともあり、
羽鳥駅から水戸、日立を過ぎるまではやや混雑。
写真が撮れるようになったのは、福島県に入ってから。
勿来を過ぎてからときどきシャッターを切りました。


08081760808177
車窓からの福島の風景です。
田園風景のなかに工業地帯が散在。
いたるところから煙が上がっているのが意外でした。
最初の乗り継ぎ駅「いわき」に到着したのは9時前。
そこから磐越東線に乗り換え、郡山を目指します。


0808179

|

« 「郷愁40きっぷ」で行く、乗り鉄の一日 1 | トップページ | 「郷愁40きっぷ」で行く、乗り鉄の一日 3 »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/23045039

この記事へのトラックバック一覧です: 「郷愁40きっぷ」で行く、乗り鉄の一日 2:

« 「郷愁40きっぷ」で行く、乗り鉄の一日 1 | トップページ | 「郷愁40きっぷ」で行く、乗り鉄の一日 3 »