« ロケットが王冠に | トップページ | 撮る人を撮る人を撮る »

キク科だと知ったのは数年前

0810301
見るからにアザミです。数年前まで、アザミはアザミ科だと思っていました。ところがアザミはキク科の植物です。な〜んでこれが菊の仲間なのか、当時は不思議でした。でも、今では当たり前にキク科植物だと思うようになりました。

植物図鑑を見ると、キク科植物の多さに本当に驚かされます。繁殖力が強く、よく目にするものが多いこともあり、「えっ、これもキク科、あれもキク科」って感じです。山の方に行くとコウヤボウキという草が生えています。じつはこの植物もキク科。それを知ったときには「へぇ〜?」と一言。おまけに○○ハグマと呼ばれる一連の植物があります。これもキク科なんですね〜。参りました。「この世はキク科天国かっ!」と呆れるほど。ホント、キク科植物は大繁栄です。そうそう、大繁栄と言えば一時期のセイタカアワダチソウです。な〜んと、これもキク科! もう、何も言う事なしです。


0810302
キクと言えば、こんな花ですよね〜。こんな形をしていれば誰でもキク科だと一目瞭然なんですが…。キク科は多種多様の花が存在する大きなグループだと、数年前にようやく気付きました。

さて、アザミの方はノアザミでしょうか? 図鑑によれば花期は5〜8月とあります。だとすると完全な時期外れ。いったい何アザミでしょう。

キクの方はユウガギクでしょうか? このような花は種類が多いので、私はよく識別できません。自信はないので、花の名前はあてにしないでください。

(しかし、私は何を撮っているのでしょう? 風景を撮れよ! 風景を!)


(2008.10.12/常陸太田市・旧里美村)

|

« ロケットが王冠に | トップページ | 撮る人を撮る人を撮る »

撮影ツアー・旅」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/24873563

この記事へのトラックバック一覧です: キク科だと知ったのは数年前:

« ロケットが王冠に | トップページ | 撮る人を撮る人を撮る »