« 足元に紅葉 | トップページ | しまうま葉っぱ »

風景写真はキライだ〜

0811221
さて、今回の撮影ツアーの報告も最終回となりました。最後は花貫渓谷にある「名馬里ケ淵」の風景写真。ここはモミジがいっぱいあって、絶好の撮影ポイントと呼べる場所です。


0811222
ツアー参加者たちは思い思いに構図を考え、頭の中で絵づくりしているようすでした。

さて、私も考えました…。いや〜、何も浮かびません。やはり風景写真にはかなり苦手意識があります。虫や草花、蜘蛛、きのこばかり撮っているので、広い絵づくりができませ〜ん。撮影対象が明確な「こんな虫がいた」という証拠写真なら迷いはしないんですが…


0811223
広くとろうとすると、何を訴えていいのやら。それに、何を撮りたいのかも見定められません。というわけで、こんな写真になってしまいました。

「なんじゃコレ?」的な構図。視野を狭くして虫や蜘蛛を覗き見る感覚で、紅葉をとらえてみました〜。はぁ〜あ、紅葉の魅力がまったく伝わってきませんね、この写真。でも、チラリズムということで自分を納得させました。


0811224
結局、地衣類に覆われた幹の写真。自分はこんな風景がかなり好きであることがわかりました。出来、不出来は別にして、このようなシーンを記録すると何となく心が落ち着くのでした。


0811225
「天にあるばかりが紅葉ではなく、地にあるのも紅葉である」。そんなことを言った人がいるかいないかわかりません。いつも虫や蜘蛛、きのこばかり探しているので、上よりも下を探す習性が自分にあることに気付きました。まるで腹を空かせた獣のようです。


0811226
名馬里ケ淵に来たのに、肝心の名馬里ケ淵の写真を撮るのを忘れていました。急いで撮ってきたのがこの写真。「オイオイ、何これ?」。情緒も何もない記録写真です。

慌てていたので三脚を置き忘れてきました(使わないのに持ち歩くな! 結局一度も使わなかっただろ!)。じつを言うと、次の撮影地に行ってから気付き、三脚を取りに引き返してもらいました。みなさん、ご迷惑をおかけしました。ごめんなさい。


0811227
最後の撮影地、「さくら公園」です。その名のとおり、サクラの木がいっぱいでした。春先には、それはそれは美しい風景が目の前に現れるに違いありません。でも、今は秋。

賽の河原か、黄泉の国か…寂しげな風景が目の前に現れました。でも、こんな風景が好きなんです。川面から靄など立ち上っていれば最高なんですが…


0811228
最後の最後に、虫の写真を撮りました。撮ったことさえ忘れていたハチです。図鑑を見たら、キイロスズメバチのようでした。意外とちっちゃい印象です(いや、こんなもんだろ?)。体長は20ミリくらいだったでしょうか。

以上で県北撮影ツアーの報告はおしまいで〜す。次回はどこに行くのか? 今から楽しみにしています。あっ、そうそう、今回の撮影ツアーのようすは小口さんのホームページでもご覧いただけます。当日は雨に見舞われながらも、和やかな雰囲気の楽しい一日でした。


●県北撮影ツアー/花園渓谷・花貫渓谷編[その11]
(2008.11.16/高萩市、名馬里ケ淵・さくら公園)

|

« 足元に紅葉 | トップページ | しまうま葉っぱ »

撮影ツアー・旅」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
5番目のお写真すてきです。
こんな構図はじめてみました・・・
いい感じ

そういえば流れの写真よりもっぱら植物ですね
それもちょっと変わったもの

さくら公園ですね、名前忘れていました。
今度が楽しみですね。
こんどこそsun

投稿: らら | 2008年11月22日 (土) 15時25分

ららさん、こんばんは。

ステキだなんて、うれしいです。ただの吹きだまりを撮っただけなのに…。褒められると、ちょっとやる気が出てきます。次回のツアーでは先生にアドバイスいただいて、風景写真の撮り方を勉強しましょう!

投稿: mushizuki | 2008年11月22日 (土) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/25546343

この記事へのトラックバック一覧です: 風景写真はキライだ〜:

« 足元に紅葉 | トップページ | しまうま葉っぱ »