« 紅葉とコケ | トップページ | うーぱーるーぱー »

ダダ

08111917
子どもの頃に見たテレビ番組「ウルトラマン」に出てきた怪獣にダダという名のものがいました。これを見たときに、突然そのことを思い出したわけです。見方によっては、古代の象形文字の羅列にも思えるかも…

それもそのはず、これはたぶんモジゴケと呼ばれるものの一種ですから。正式な名前はわかりませんが、モジゴケ科の地衣類であるのは間違いないでしょう。地衣類とは菌類と藻類が共生したものだそうです。コケという名前がついていますが、コケ類とは別ものです。


08111918
この地衣類が付いていたのはこの木。樹木に限らず石や岩、コンクリートにいたるまで、地衣類は身の周りにたくさんあります。でも、ほとんどの人は興味がないでしょう。ですので、こんなものを写真に撮っていると、近くを通りかかった人に訝しがられます。なるべく人目につかないように撮影しているのですが、ときどき「何を撮っているの?」と質問されることがあります。これが憂鬱になる瞬間です。嘘をついても仕方ないので、正直に言います。すると、たいがいの人は無言で立ち去っていきます。しばらくの間を置いて、そこに取り残された孤独感が妙にやるせなくなることがあります。しかし、私はそんな試練を乗り越え、これからも地衣類を撮り続けていくのです(たぶん)。


●県北撮影ツアー/花園渓谷・花貫渓谷編[その5]
(2008.11.16/北茨城市・花園渓谷)

|

« 紅葉とコケ | トップページ | うーぱーるーぱー »

地衣類」カテゴリの記事

撮影ツアー・旅」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
「ダダ」ぴ~んときましたよ! 怪獣好きの私にとっては「んっなんだ!」て感じでした。本当に「ダダ」という名前かと思ってしまいました。
それからカタカナってやつは結構読み間違いするのが得意で、「モジゴケ…」が一瞬「モスゴジ」に見えてしまいました。1964年「モスラ対ゴジラ」に出てきたゴジラを通称「モスゴジ」と言う訳で…私にとってはこのモスゴジが大好きでして、地面から出てきた瞬間の表情がたまらなくいいんですよ!
くだらない内容ですみませんでした。

投稿: ゴジラ大好き | 2008年11月21日 (金) 00時34分

ゴジラ大好きさん、こんばんは。

おわかりいただける方がいて、本当に嬉しいです。
ダダですよね、ダダ、これは。
あの恐いような、阿呆のような顔をした怪獣は、
なぜか記憶の底に深くめり込んでいます。
へんてこパジャマを着た
キモいボディコンおばさんって感じ。
いわば、怪獣ばなれした怪獣でした。

そうそう、今回のゴジラ大好きさんのお話で
命名の由来が紐解かれ、合点がいきました。

ありますよね、恍惚に引き込まれる瞬間って
モスゴジが地面から出てきた瞬間の表情は記憶にありませんが、
それを見ると脳汁が出るのはわかるような気がします。

私は、サンダーバード2号が
コンテナをおろす瞬間がそうでした。
(じつは4号も好きだったりして)

くだらない返信ですみません。

投稿: mushizuki | 2008年11月21日 (金) 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/25476739

この記事へのトラックバック一覧です: ダダ:

« 紅葉とコケ | トップページ | うーぱーるーぱー »