« 撮る人を撮る人を撮る | トップページ | 杉林の色白美人 »

蝶のように舞い、蛾のように嫌われる

0811011
かわいそうですね、蛾って。蝶のような姿をしていても、蛾とわかったとたんに嫌悪感をあらわにするのが人の常ってもんでしょう。この蛾も例外ではありません。

名前はたぶん、シロツバメエダシャク。なんとも優雅な御名をいただいた蛾ではありませんか! 上品な生地に、粋な模様をあしらった服をまとい、高貴な雰囲気を漂わせた女性のように感じます。じつは私、この蛾はけっこう好きなんです。こんな魅力的な姿をしているのに、やっぱり蛾は蛾です。蝶はあんなに人気があるのに不公平ですよね。いつもそう思います。


0811012
こちらは上のシロツバメエダシャクとは関係ないと思います。でも蛾の幼虫には違いないでしょう。何という蛾の幼虫かわかりませんが、近くにいたので撮ってみました。

って言うか、針葉樹林のなかってあまり虫がいないんですよ。だから、目についたものは片っ端から撮っておいたんです。


(2008.10.12/常陸太田市・旧里美村)

|

« 撮る人を撮る人を撮る | トップページ | 杉林の色白美人 »

撮影ツアー・旅」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/24929951

この記事へのトラックバック一覧です: 蝶のように舞い、蛾のように嫌われる:

« 撮る人を撮る人を撮る | トップページ | 杉林の色白美人 »