« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

パキラの実って球根みたい

0812311
こちら、観葉植物で知られるパキラの実だそうです。初めて見ました。地面に落ちていたら、なにかの球根と思ってしまいそうです。


0812312
パキラってこんなに大きく育つんですね。観葉植物として置いてあるものは、せいぜい2メートルくらいのものでしょう。植木鉢ではなく、条件のいい土壌に植えればすくすく伸びるようです。やっぱり、植物も人間も生育環境は大切ですね〜。


(撮影:2008.12.21/つくば市・つくば植物園)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

緑の孔雀、気になる木

0812301
天狗の団扇どころではありません、巨人の扇子です。高さ10メートルはあろうと思われる植物です。見たところ木ではなさそう。たぶ〜ん、草ではないでしょうか。

気になる名前は…オオギバショウ。バショウ科の植物で、マダガスカルに生えているそうです。別名・旅人の木(タビビトノキ)ということですが、喉が渇いた旅人に水でも出してくれるのでしょうか? 切り込みを入れると水が出てきそうな感じがするのですが…実際はどうだかわかりません。


(撮影:2008.12.21/つくば市・つくば植物園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アフリカのヒガンバナ?

0812261
これ、南アフリカの花だそうです。熱帯の花が日本の冬に咲くなんて意外です。アフリカも山地に行くと寒いのでしょうか。山に咲く花とは書いてありませんでしたが、熱帯の平地に咲いているとは想像し難いですね〜。

名前はネリネ・ボウデニーと言うそうで、原産地は南アフリカ共和国だそうです。ヒガンバナ科の植物らしく、日本のヒガンバナに印象が似ています。

植物園に行くと、ついついブログネタを撮りだめてしまいます。あと2〜3回、植物園からの報告が続きます。


(撮影:2008.12.21/つくば市・つくば植物園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イイギリって桐じゃないの?

0812251
つくば植物園にはこんなせせらぎがあります。いい感じでコケが生えていますね〜。


0812252
上を見上げると、青空に映える色鮮やかな実がありました。イイギリのようです。実の付き方はまるでぶどうみたい。

自分はイイギリなんてあまり耳したことがありませんでした。キリというので桐の仲間かと思ったら違うようです。図鑑を見るとイイギリ科になっていました。では、普通のキリは何科なのでしょう。キリはゴマノハグサ科でした。

図鑑にはイイギリの名前の由来が書いてありました。葉がキリに似ていて、昔はご飯をこの葉っぱで包んだことからこの名がついたようです。だったら、イイギリではなくて、メシギリにした方がピンと来るのに…。でも、メシギリじゃ響きが悪いですかね。


0812253
ほかにも赤い実がありました。こちらはズミの実です。名前は聞いたことがありますが、身の周りでは見たことがありません。図鑑を見たらバラ科リンゴ属の樹木でした。かつてはリンゴの台木に使われたそうです。知りませんでした。


(撮影:2008.12.21/つくば市・つくば植物園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マユミ、マユミって気安く呼ばないでよ

0812231
ウメちゃんかと思ったら、マユミちゃんでした。いや〜、遠くから見ると梅の花が咲いているように見えるんですよ〜、ホント。

ピンク色をしていますが花ではなさそうです。かわいらしい実がついています。見ているとほのぼのしてくるんですね、これが…。それにしても、自然の造形っておもしろいです。


0812232
マユミのことをよく知らないので図鑑を開いてみました。漢字で書くと“真弓”だそうで、枝がよくしなるため、この木で弓を作ったことに由来するとのことでした。ニシキギ科の木で、材が象牙色をしているため木工品に適していると書いてあります。「ふ〜ん、そうなんだ…」って感じです。なんと、新芽は山菜として食べられるそうです。知りませんでした! はたして、どんなお味なのでしょうか?

ところで、ニシキギ科の植物ってどんなものがあるんでしょう? なになに、サワダツ、ツリバナ、マサキ、コクテンギ…。知らないものばっかりです。かろうじて知っているのはマサキぐらい。子どもの頃、家の周りがマサキの生け垣だったのでよく覚えています。この木にはユウマダラエダシャクという変な蛾がいっぱい発生します。私にとっては懐かしくもあり、親しみのある蛾でもあるのです。


(撮影:2008.12.21/つくば市・つくば植物園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バナナになぁ〜れ

0812221
これはバナナの花ではないでしょうか。これを見たら、無性にバナナが食べたくなりました。ピンクのが雄花? その周りにある黄色い棒のようなものがバナナになるみたいです。早くバナナにならないかなぁ。


(撮影:2008.12.21/つくば市・つくば植物園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

このきのこ、シナモンの香りがするよ〜

0812211
今日はちょっとした理由があって、つくば植物園に行ってきました。園内を散策していたら、樹木に鳥が突ついた跡のようなものを見つけました。コゲラの仕業でしょうか、かなり広い範囲を削っています。まさかアカゲラ?

樹木のようすからすると、この幹は立ち枯れているような感じです。削られたすぐわきにはきのこが生えています。傘の裏側は猫の舌の表面のようにザラザラ。あまりきのこらしくないです。


0812212
サルノコシカケ科のきのこだろうと思いましたが、ニクハリタケ科のアラゲニクハリタケのようです。自分はよくきのこの匂いをかいだりします。もちろんこのきのこもクンクンしました。すると、不思議なことにシナモンのような香りがするんです。あーいい匂い…な〜んてネ(いや、ホントですって!)。ちょっと驚いてしまいました。感動的な出来事は不意に訪れるものなんですね〜


(撮影:2008.12.21/つくば市・つくば植物園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日陰のトウガラシ

0812191
ではありません。
確か、ヒヨドリジョウゴというのがこんな実をつけたような…と早合点した自分。家に帰って図鑑を見たら、みごとに違っていました。ヒヨドリジョウゴの実はいくつも枝分かれして房のように成っています。これは実が一つだけぶら下がっているので“ブ、ブー”です。

それなら何の実か? と探してみたら、ハダカホオズキらしいです。ホオズキと言うと袋に入っているのが相場ですが、これはむき出しになっているので裸(ハダカ)なのでしょう。だったら、フクロナシホオオズキでもいいと思うのですが…

いやいや、やっぱりハダカホオズキの方が肯定的というか前向きでいいですね。○○ナシというと、何か欠けているようで寂しいですから。


(撮影:2008.11.18/石岡市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グラス&リーフ

0812181
青々とした草一面に落葉があるようすは、どことなく変な感じがします。でも、きれいだから撮ってみました。


0812182
歩いていたらクヌギの枝が落ちていました。色つやのいい葉っぱが何枚もついています。クヌギの葉って、こんなに光沢があるものなんですね〜。気づきませんでした。


0812183
葉の裏側を改めて見ると、何色と表現し難い独特の色をしています。さわってみると意外と厚みがあります。知りませんでした〜。


(撮影:2008.11.18/石岡市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おめめシリーズが始まりました

0801071
とは言っても、このブログではありません。別に書いている「クモ探検隊」の方です。

蜘蛛は8つ眼ということはどなたでもご存じでしょう(じつは6つ眼、4つ眼の蜘蛛もいます)。しかし、その並び方は種類によって意外と違っているのです。それを検証しようかと思って始めてみました。

蜘蛛はお嫌いな方が多いので、このブログではお知らせに留めますが、しみじみと蜘蛛の顔を見るのもいいかもしれませんよぉ〜(ウソ、ウソ、冗談です)。まっ、興味のある方だけいらしてくださ〜い。

*写真はカニグモ科のガザミグモ。今年の初めに撮影したものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落葉を集めて何とする?

0812171
11月、秋の風景です。しかし今はすでに冬。日々厳しくなる寒さに、秋の記憶も遠のいているような気がします。


0812172
こんな枯れ葉たちも、今ごろはすべて落ちてしまい、木々は丸裸になっていることでしょう。


0812173
足元で見られた色とりどりの落葉は、すでに土に帰ろうとしているかもしれません。ところで、この葉は何の葉なのでしょう。


0812174
木肌を見るとシデ類のような気がします。しかし予想できるのはそこまで。あとは図鑑に頼るしかありません。


0812175
う〜ん、黄色から赤へのグラデーションがいいですね〜。葉っぱのようすからするとアカシデのような気がします。


(撮影:2008.11.18/石岡市)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

スプラッシュ!

0812161
落葉の隙間から水が噴き出しています。


0812162
というのは冗談です。なにやら菌類の一種のようです。きのこではなさそうなので、カビなどの仲間でしょうか。いたるところでこの姿を見かけました。


0812163
数あるなかから一つだけ、落葉をかき分けてみました。な〜んと水源はノウサギの糞ではないですか!

排泄物をいち早く分解し始めている菌類がいるようです。とにかく、どの糞からもこの弾ける水しぶきが上がっていました。ノウサギの糞を専門に分解する菌がいるのでしょうか? 目に見えぬ彼らは、きっと私たちの周りも飛び回っているんでしょうね〜

ふと思いました。もしかするとノウサギたちの食べたもの(植物)に、あらかじめ菌類がくっついているのかもしれません。つまり、糞を餌にするための巧妙な仕掛けだったりして…。な〜んちゃって。


(撮影:2008.11.18/石岡市)


*12月17日追記
いろいろ見ていたら、細胞性粘菌のタマホコリカビ属の一種ではないかと思えてきました。引き続き、心の赴くままに調べていきま〜す。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋のスミレ

0812151
11月の中旬のことです。季節外れのスミレが咲いていました。


0812152
なんとも清楚な感じがします。しかし、咲いているのはたった一輪。孤高のスミレです。凛々しささえ感じさせます。


0812153
何スミレなのかと思いましたが、茨城県南ではもっともポピュラーなタチツボスミレではないでしょうか。


0812154
春に咲くと当たり前すぎて一輪一輪の個性など埋もれてしまいますが、季節外れに咲くとこんなにも印象深いものなのでしょうか? 横顔にも特別な陰影が感じられます。偶然の出会いでしたが、とても幸せな気分になれました。


(撮影:2008.11.18/石岡市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うどんこ病とトビムシ

0812141
前回報告したキリの葉です。こちらは葉の裏側ですが、病気にかかっているようです。


0812142
近くで見るとブツブツがあるのがわかります。図鑑で調べてみたら、うどんこ病菌の子嚢殻らしいことがわかりました。


0812143
葉の裏をトビムシが歩いていました。マルトビムシ科の一種ではないかと思います。太ったノウサギのようでかわいらしいです。


(撮影:2008.11.18/石岡市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この実、何の実

0812131
気になる実がありました。こんな実をつけるのは、いったい何の木なのでしょう?


0812132
樹皮は、人の鳥肌のような質感です。どこかで見たことあるような気がします。


0812133
葉っぱはかなり大きめです。人の手の平サイズくらいあります。


0812134
樹形はこのような感じ。葉をたくさん茂らせるような樹木ではなさそうです。

図鑑で調べてみたら、キリのような気がしました。花が付いていればすぐにわかるのですが、実のようすや樹皮からだとピンと来ません。普段見慣れているはずなのに、じつはよく観察していないということを実感。花、葉、実など特定の部分に特徴がある樹木は、それがなくなると見分けがつかないことがよくあります。どんなときでも見分けられるようになりたいものです。


(撮影:2008.11.18/石岡市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんでこんなに生えているのか

0812121
紅葉ならぬ黄葉し始めたへんな葉っぱ。茨城県南部ではこの葉を良く見かけます。近くに池や沢などがある水気の多い場所で見かけるような気がします。

パッと見た印象ではクワのようですが、どうやらヒメコウゾらしいです。春に球状の花を咲かせているときにはヒメコウゾとわかりますが、葉っぱだけの状態になると怪しいものです。

ヒメコウゾはクワ科の植物なので、葉の形がクワによく似ているのかもしれません。これを機会にクワとヒメコウゾが見分けられるようになるといいのですが…。

それにしても、ヒメコウゾはいたるところにあります。どうしてこんなに生えているのか不思議です。鳥が実を食べて糞と一緒にまき散らしているのでしょうか? とにかく生命力は強そうです。

ちなみに、昔は和紙や織物の原料として利用されたようです(確か、コウゾもそうだったと思います)。なるほど、暮らしと身近な植物だったんですね〜。


(撮影:2008.11.18/石岡市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カタツムリも課題だ

0812111
目につくと写真を撮ってしまうのがカタツムリです。しかし、撮ったはいいけど名前がわからないことがほとんど。カタツムリを覚えることも今後の課題の一つです。

茨城県南部でよく見るカタツムリは、ヒタチマイマイ、ウスカワマイマイ、ニッポンマイマイ、ミスジマイマイ、ヒダリマキマイマイなど。写真のカタツムリは、殻のようすから判断するとウスカワマイマイのような気がするのですが、まったく自信がありません。


(撮影:2008.11.18/石岡市)
参考文献:学研『日本の貝 2』

*12月13日追記
ぐりおさんよりコメントをいただきました。写真のカタツムリはビロウドマイマイの一種であることがわかりました。教えていただきありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サクラガサイタ

0812103
夏が過ぎると


0812104
秋になる


0812105
秋が来ると


0812106
冬になる


0812107
冬が終わると


0812108
春になる

「サクラが咲いたよ」

人は過ぎてしまった季節を忘れてしまう

思い出すのは花を見たとき


さぁ、みなさんも花を見て季節をイメージしてみませんか!

つくば蘭展シリーズの最終回は、写真で遊んでみました。写真と違って、実物は何倍もきれいです。次の日曜まで開催しているので、興味のある方はぜひお出かけ下さい。ちなみに、私は植物園の職員ではありません。無理な勧誘をしているわけではありませんので、誤解なさらないでください。


(2008.12.7/つくば市・つくば植物園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笑うセルロイド人形

つくば蘭展で撮りまくった写真のなかから、パフィオペディルムらしき花を見つけました。


0812101
このツヤツヤとした質感、いかがでしょう。パフィオの仲間には、独特のテカリのある種類があります。そんな花を見ると思い出すのが、セル人形。今の時代ならビニール人形でしょうか。写真の花などは、まるで造花のように見えてしまいます。トイレの一輪挿しにいかがでしょうか?


0812102
こちらも私のなかにあるパフィオのイメージにかなり近い花です。いやぁ、何度見ても不思議な形です。いつも思うのは「この花たちが喋ったらおもしろいだろうな」ということ。一度でいいから、パフィオと話してみたいです。そして聞いてみたいです。「なんでそんな形してるの?」と。


(2008.12.7/つくば市・つくば植物園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キツネと風力発電

つくば蘭展の写真もそろそろ飽きてきました。しか〜し、まだまだ続きます。というか続けます。

(もう、いい加減にせぇーよ!)

いや、一応きまりなので…

(何のきまりや?)

私のなかの法律です。


0812094
子どもが言いました。「キツネみたい!」

えっ、どこが…と父はうろたえました(角の生えてるキツネ?)

中指と薬指、親指をくっつけて「ほら!」

なるほど、影絵遊びのとき指で作るキツネでした。


0812095
父は言いました「風力発電みたい!」

「………」(子ども)

「ほら、プロペラだよ、プロペラ!」

「最初からそう言えばいいのに…風力発電ってなに?」(子ども)

センスのない父は申し訳なく思うのでした。


(2008.12.7/つくば市・つくば植物園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミヤマウズラじゃないんだよね

茨城県南部の山に行くとランのような葉をした植物を良く見かけます。おお〜っ、野生のランか! と歓喜しますが、だいたいがミヤマウズラという植物です。確かにミヤマウズラもラン科の植物ですが、花は小振りで華やかさに欠けます。でも、よく見るとかわいらしくて味のある花なんですね〜、これが。

前置きが長くなりました。今回の写真はやはり第二会場にあった植物です。いや〜、じつは名前をすっかり忘れてしまったので、“植物”と言いました。


0812091
ところでこれ、赤っぽいですがミヤマウズラの葉に似ていませんか?


0812092
おお〜、電気ビリビリって感じです。来てます、来てます…


0812093
こちらなど、光っているように見えます。プ ラ ズ マ〜。このボワッとした感じがたまりません。

ランの仲間には葉っぱが鑑賞の対象になっている種類もあるようです。つくば蘭展は見どころ満載です(好きな人には)。


(2008.12.7/つくば市・つくば植物園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

快感と好奇心

つくば蘭展のつづきです。蘭展の第二会場で撮った写真を並べます。


08120810812082
08120830812084
第二会場にもたくさんのランが展示されていました。調子に乗って撮り続けたらとんでもない枚数になってしまいました。撮ったものすべてを載せると大変な作業になるので、一部だけご紹介します。

右下の写真はとても花とは思えない姿をしていました。おもしろさでは群を抜いていると思います。


08120850812086
08120870812088
今回のラン展で一番印象に残ったのがこれらのランです。マスデバリアという科名が付いていました。鮮烈な色、ユニークな形に目を奪われました。こんな花もあるのか…と、ランの世界の奥深さを実感。

“不思議”という感覚がある一線を越えると、脳から快楽物質(脳内麻薬)が出てくるような気がします。それは快感をともなった好奇心みたいなものです。


081208908120810
こちらもマスデバリアの仲間なのかどうかわかりませんが、ユニークな花です。とにかく見ていて飽きません。以前どこかで見たランの解説に「花の形を一番進化させたのがランの仲間」というような内容が書かれていました。そんなことを思い出して、フムフムなるほど…と納得してしまいます。

自分はランの愛好家ではありませんが、見ていて十分楽しめました。さらに、見るだけでなく匂いも楽しめるのも大きな魅力です。なかには、どんな香水にも勝ると思える匂いがあります。そんなお気に入りの香りを探すのも楽しいかもしれません。


(2008.12.7/つくば市・つくば植物園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グロテスクは美しい

(つくば蘭展のつづきです。写真とは関係ない個人的な回想が展開されるので、くれぐれもご注意下さい。なお、途中で気分の悪くなられた方は、お早めにクローズボタンをクリックすることをおすすめします)


08120710_2
個人的な思い込みですが、グロテスクなものには大別すると二種類あると思います。一つは醜悪なもの、もう一つが異形なもの。人によっては今までに見たことがないものはすべて異形に映ると思います。じつは、グロテスクは第一印象の問題であって、よく目を凝らして見直すと意外な美しさを発見したりすることがあります。


08120711_2
自分にとってパフィオペディルムと呼ばれるランは、まさにグロテスクなものでした。なが〜い花柄の先に、地味な斑点のついた花びらが開き(怪しげな毛を密生させているものが多い)、まるで抱擁するかのように手を広げている印象でした。間違いなく何かを誘い込む罠のような危険な香りを感じたものです。不気味だ、やっぱり不気味だぁ〜、と何度も思いました。


08120712_2
ところが、何度も見ているうちに印象が変わりました。もしかすると、この花の形は理にかなった究極の形なのではないか…と感じるようになったのです。その頃からでしょうか、自然のなかのあらゆる形状には意味があると気づき始めたのは。


08120713_2
パフィオとの出会いはかれこれ20年近く前になります。それは、たびたび私のブログに登場する友人・ぐりおさん(彼のブログはこちら)と交流するようになってからです。彼はパフィオの原種が好きで、家で何種ものパフィオを育てていました。そんなこともあり、事あるごとに彼のコレクションを目にするようになったのです。

最初は「ふ〜ん、パフィオって言うんだ?」と無関心な生返事をしていました。ところが、時間とともに「ほお、ほお、パフィオペディルムね。原種、いいじゃないですか〜、大いに結構!」ってな具合に豹変していったのです。別に彼の世界に引き込まれたわけではありません。自分なりにグロテスクの美に気づいたのです。


08120714_2
とは言うものの、どっぷりとランの世界に浸ることはありませんでした。興味はありますが、なかなか名前や種の分類、生息環境まで覚えられません。ましてや栽培など…。でも、花を見たり匂いを楽しんだりするのは好きです。今回の「つくば蘭展」では、おおいに色彩や香りを満喫してきました。少し大袈裟な言い方ですが、花の香りがこれほど人を幸せにしてくれるとは思いませんでした。


08120715_2
さて、今回紹介した花たちは第一会場の一角にある原種ばかりを集めたコーナーにあったものです(パフィオペディルムではなさそうです)。花の説明とはかけ離れた文章が入っていますが、どうぞお許し下さい。なお、グロテスクというテーマでパフィオにアプローチしましたが、あくまでも個人的な見解です。パフィオ愛好家の方々、どうぞ怒らないでください。

最後に、蛇足となりますが…
パフィオと同様に、蜘蛛にもグロテスクの美があると思います。パフィオが多くの人々から愛されるように、多くの人に蜘蛛の魅力に気づいてもらえるよう「蜘蛛ブログ」の更新にも力を入れていこうと思いま〜す。


(2008.12.7/つくば市・つくば植物園)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「つくば蘭展」始まりました

0812071
本日より14日(日)まで開催される「つくば蘭展」。さっそく行ってきました。


08120720812073
08120740812075
リンクにある「茨城の自然 さくら上池だより」の筆者・ぐりおさんと現地で待ち合わせして、一通り見てまいりました。ぐりおさんは自ら栽培を手がけるラン通。一方の私はまったくのど素人。所々でぐりおさんに解説をしていただき、まるでガイドツアーのようでした。ぐりおさん、ありがとうございました。


08120760812077
08120780812079
さて、花の方ですが、たくさんありすぎて名前までメモしていません。とりあえず写真をばらまいてみました。

花はすべて第一会場になっている大温室にあったものです。カトレアをはじめ、バンダ、フラグミペディウム、パフィオ…など、いろいろありました。でも、どれがどれだかわからないところが悲しいです。


(2008.12.7/つくば市・つくば植物園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森に感謝する

0812061
私が自然観察に出かける場所の一つに、石岡市の「龍神の森」と言う雑木林があります。今回はその場所を写真で紹介したいと思います。

この雑木林は公園と隣接していて、遊歩道が整備されています。途中にはベンチがあって、休憩しながらゆっくり林のなかを歩けます。なんと、一角にはキャンプ場もあるのです。


0812062
スギとヒノキがほとんどですが、一部には広葉樹の混じった雑木林があり、そこにはいろいろな種類のきのこが生えます。私はここでたくさんのきのこの名前を覚えました(写真はムラサキシメジだと思います)。


0812063
雑木林のなかには池が二つあります。このような池があるということは、雑木林にはかなりの保水力があるのではないでしょうか。夏から秋にかけ、池では数種類のトンボが観察できます。ギンヤンマ、ウチワヤンマを見るのが密かな楽しみです。

そういえば、この雑木林では蜘蛛の観察もかなりしました。もちろん、昆虫や植物も数多くの種類を見ることができます。振り返ると、この雑木林にはいろんなことを教わりました。そんなことを思うと、雑木林に感謝の念がこみ上げてきます。今年もありがとう、来年もよろしく! (師走だけど、ちょっと早すぎるかな?)


(2008.11.17/石岡市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わき上がる雲のように

0812042
モクモクというか、ムクムクというか、地面から盛り上がるように生えているきのこがありました。どうやらホコリタケのようです。まるでふかふかのクッションが敷いてあるように見えます。


0812043
ホコリタケは食べられるきのこなのは知っていました。でも、あのパフパフと煙を出すようすを見ると、どうしても食べようとは思いません。しかし、そんな考えが間違っていることがわかりました。食用となるのは、ご覧のような幼菌の状態のときなのです。さわってみて実感。これなら食べられそうです。しかも、何となくおいしそうな予感…


0812044
弾力はかなりのもです。ふにゅ〜っと押しつぶしすと、じゅわぁ〜っと水が出てきます。質感としてはマシュマロに近いものがあります。ただ、水分が多いので堅い豆腐、あるいは密度の高いゆばのようでもあります。これなら汁物に入れたら味がしみておいしそ〜。


0812045
さらに力強く押すと、泉のように水がほとばしる(大袈裟かな)ような感じです。このきのこは、見た目以上に水分を含んでいることがよくわかりました。

今度見つけたら、食べちゃうぞ〜(かなりその気です)。


(2008.11.19/阿見町)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

茶渋がついた幹

0812041
つくば植物園シリーズも今回が最終回です。最後を飾るのは地衣類。菌類と藻類が共生する不思議な生きものなので、植物とはちょっと違いますが、植物園ではそんなものも見られます。

上の方に生えている茶色っぽいものはチャシブゴケ科の地衣類のようです。図鑑で見たらチャシブゴケ属レカノラ・キネレオカルネアというものによく似ていました。下はモジゴケ科の地衣類でしょう。詳しい種までは同定できません。

身の周りにはたくさんの地衣類があります。せめて代表的なものだけでも覚えたいと思っているのですが、道のりはかなり険しく遠いような気がします。専門的な図鑑がほしいところですねぇ。

さて、植物園の話題ですが…
もうすぐ「ラン展」が始まります。確か12月の7日からだったと思います。一週間ほどしか開催されなかったと記憶していますので、見に行こうと思っている方はどうぞお早めに。


(2008.11.23/つくば市・つくば植物園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »