« サクラガサイタ | トップページ | なんでこんなに生えているのか »

カタツムリも課題だ

0812111
目につくと写真を撮ってしまうのがカタツムリです。しかし、撮ったはいいけど名前がわからないことがほとんど。カタツムリを覚えることも今後の課題の一つです。

茨城県南部でよく見るカタツムリは、ヒタチマイマイ、ウスカワマイマイ、ニッポンマイマイ、ミスジマイマイ、ヒダリマキマイマイなど。写真のカタツムリは、殻のようすから判断するとウスカワマイマイのような気がするのですが、まったく自信がありません。


(撮影:2008.11.18/石岡市)
参考文献:学研『日本の貝 2』

*12月13日追記
ぐりおさんよりコメントをいただきました。写真のカタツムリはビロウドマイマイの一種であることがわかりました。教えていただきありがとうございました。

|

« サクラガサイタ | トップページ | なんでこんなに生えているのか »

陸産貝類(カタツムリ)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、
写真の陸貝、ビロウドマイマイの仲間ですね。
殻の表面にビロウド状の毛状突起が密にあります。
この辺だと割合山地性のマイマイですが、
見かけたのは石岡市の平地ですか?

ウスカワマイマイは、螺塔がもっと出っ張ります。

投稿: ぐりお | 2008年12月13日 (土) 09時45分

そうでうか、ビロウドマイマイの仲間なんですね。

石岡市の平地で見つけたので、ごく一般的なカタツムリだと思い込んでいました。

やけに毛が生えているなぁ〜と思っていたのですが…。またカタツムリをアップしたときにはよろしくお願いします!

投稿: mushizuki | 2008年12月13日 (土) 10時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/26123601

この記事へのトラックバック一覧です: カタツムリも課題だ:

« サクラガサイタ | トップページ | なんでこんなに生えているのか »