« 「つくば蘭展」始まりました | トップページ | 快感と好奇心 »

グロテスクは美しい

(つくば蘭展のつづきです。写真とは関係ない個人的な回想が展開されるので、くれぐれもご注意下さい。なお、途中で気分の悪くなられた方は、お早めにクローズボタンをクリックすることをおすすめします)


08120710_2
個人的な思い込みですが、グロテスクなものには大別すると二種類あると思います。一つは醜悪なもの、もう一つが異形なもの。人によっては今までに見たことがないものはすべて異形に映ると思います。じつは、グロテスクは第一印象の問題であって、よく目を凝らして見直すと意外な美しさを発見したりすることがあります。


08120711_2
自分にとってパフィオペディルムと呼ばれるランは、まさにグロテスクなものでした。なが〜い花柄の先に、地味な斑点のついた花びらが開き(怪しげな毛を密生させているものが多い)、まるで抱擁するかのように手を広げている印象でした。間違いなく何かを誘い込む罠のような危険な香りを感じたものです。不気味だ、やっぱり不気味だぁ〜、と何度も思いました。


08120712_2
ところが、何度も見ているうちに印象が変わりました。もしかすると、この花の形は理にかなった究極の形なのではないか…と感じるようになったのです。その頃からでしょうか、自然のなかのあらゆる形状には意味があると気づき始めたのは。


08120713_2
パフィオとの出会いはかれこれ20年近く前になります。それは、たびたび私のブログに登場する友人・ぐりおさん(彼のブログはこちら)と交流するようになってからです。彼はパフィオの原種が好きで、家で何種ものパフィオを育てていました。そんなこともあり、事あるごとに彼のコレクションを目にするようになったのです。

最初は「ふ〜ん、パフィオって言うんだ?」と無関心な生返事をしていました。ところが、時間とともに「ほお、ほお、パフィオペディルムね。原種、いいじゃないですか〜、大いに結構!」ってな具合に豹変していったのです。別に彼の世界に引き込まれたわけではありません。自分なりにグロテスクの美に気づいたのです。


08120714_2
とは言うものの、どっぷりとランの世界に浸ることはありませんでした。興味はありますが、なかなか名前や種の分類、生息環境まで覚えられません。ましてや栽培など…。でも、花を見たり匂いを楽しんだりするのは好きです。今回の「つくば蘭展」では、おおいに色彩や香りを満喫してきました。少し大袈裟な言い方ですが、花の香りがこれほど人を幸せにしてくれるとは思いませんでした。


08120715_2
さて、今回紹介した花たちは第一会場の一角にある原種ばかりを集めたコーナーにあったものです(パフィオペディルムではなさそうです)。花の説明とはかけ離れた文章が入っていますが、どうぞお許し下さい。なお、グロテスクというテーマでパフィオにアプローチしましたが、あくまでも個人的な見解です。パフィオ愛好家の方々、どうぞ怒らないでください。

最後に、蛇足となりますが…
パフィオと同様に、蜘蛛にもグロテスクの美があると思います。パフィオが多くの人々から愛されるように、多くの人に蜘蛛の魅力に気づいてもらえるよう「蜘蛛ブログ」の更新にも力を入れていこうと思いま〜す。


(2008.12.7/つくば市・つくば植物園)

|

« 「つくば蘭展」始まりました | トップページ | 快感と好奇心 »

きのこ」カテゴリの記事

コメント

たしかmushizukiさんは、以前パフィオのアルメニアカムや
ミクランサムにちょこっとはまってましたよね〜。
今はもうちょっと色々な属のランを見ておられるので、
ランに対するイメージが一層変わって来たのではないでしょうか。
今回集中的に写真を掲載されているバルボフィラムや
シルホペタラム、今日一緒に見たマスデバリアやレストレピア
なんかも、割合好みの姿でしょ。
不思議な機能美ですよねー。

自分で栽培できるランは一握りですが、ああいうラン展で
植物園や多くの愛好家が育てたランを集結させて見られる機会が
あるなんて、じつに幸せなことだと思いましたよ。
同時に、美しさや不思議な形、香りでこれほど人間を魅惑する
ランという植物の特別さは、一種独特なカリスマ性だなあと
その恐ろしくもある魅力を再認識しました。

投稿: ぐりお | 2008年12月 8日 (月) 00時59分

こんばんは。

ミクランサムなんて、懐かしいですねぇ。買ってすぐに枯らしてしまいました。かわいそうなことをしてしまったものです。

ついでに、コクシネアも後を追うように旅立たれました…。あれ以来、ランには手を出していません。見よう見まねでランを育てようなんて、私には100年早すぎました。

てなわけで、今は見るだけにしているんですよ。あれからはや20年、また栽培してみようかしら? (あっ、でもまだ80年早すぎますね)

投稿: mushizuki | 2008年12月 8日 (月) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/25997656

この記事へのトラックバック一覧です: グロテスクは美しい:

« 「つくば蘭展」始まりました | トップページ | 快感と好奇心 »