« 小さな時限爆弾 | トップページ | 馬の尾どころじゃないですね »

脱いだのは誰だ

0905071
ヤゴがトンボになるっていうのはとても不思議な現象だ。と、大人になった今でも思っています。

子どもの頃、小学校の一角にあった小さな池でヤゴ採りに興じていた自分。上級生や周りの友人たちの話を聞いて、ヤゴがトンボになることをいつの間にか覚えました。しかし、事実としては知っていても、やはり昆虫たちの変態はとても神秘的です。「なぜ、なんのために?」そんな疑問がいつも頭の中を巡ります。

このヤゴの姿を見たときに、久々に瞑想状態に入りました。なぜ、なぜ、なぜ…

もちろん、答は出ませんでした。こんな永遠の謎があるから昆虫(その他の生きものも)っておもしろいのかもしれません。

ところで、この抜け殻は何トンボのものでしょう。まぁ、抜け殻を見て種名を言い当てられるようになれば、すごいんですけど…。近くにはシオヤトンボが飛んでいたので、シオヤトンボかもしれません。抜け殻からは判別できませんが、状況から推測することも楽しみの一つだと思うようにしています。

(撮影:2009.5.1/石岡市)

|

« 小さな時限爆弾 | トップページ | 馬の尾どころじゃないですね »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/29465182

この記事へのトラックバック一覧です: 脱いだのは誰だ:

« 小さな時限爆弾 | トップページ | 馬の尾どころじゃないですね »