« しんじゅさん | トップページ | 至宝の甲虫、奇跡のカナブン »

“墨流し”って情緒あふれる名前だなぁ

0908061
ここのところ鱗翅目(今はチョウ目って言うのでしょうか)が続いています。前回、前々回は蛾でしたが、今回は蝶です。その名もスミナガシ。うわ〜っ、カッコいい名前!

生きているスミナガシを見たのは初めてです。いつも死んだ個体や翅だけを目撃していたので、今回の生の姿にはちょっと感動を覚えました。

人によっては地味な蝶だと言うかもしれませんが、個人的には渋い派手さ(変な言い回しですが)を持った蝶だと思います。よくぞこんな暗いトーンで美を演出できるものだとひたすたら感心。筆先を水につけたときに広がる墨の流れ。そのゆったりとした模様が上翅に見られます。痺れますね! この蝶。みなさんは痺れませんか?


(撮影:2009.7.29/高萩市)

|

« しんじゅさん | トップページ | 至宝の甲虫、奇跡のカナブン »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

スミナガシいるんですね(∩_∩)ゞ

オオムラサキほど派手じゃないけど、ゴマダラチョウほどパワフルでもないけれど、和服美人の風情がありますよね。私もかなり好きです。ここ数年は秩父で見掛けた位で、なかなか見る機会はありません。昔は市川市の郊外にもいたのにcoldsweats01
折角の和服美人ですが、ミミズなどの死骸のエキスを吸ってることがあるのが、玉に瑕?でしょうか。
でもアバタもエクボ、やはり綺麗なものは綺麗です。

投稿: takao_bw | 2009年8月 8日 (土) 19時33分

takao_bwさん、こんばんは。

お好きなんですね、スミナガシ。やっぱり、あの模様には不思議な魅力がありますよね〜

でも、狂気の一面も持ち合わせているのですね…死骸のエキスを貪るなんて。でも、あんなに美しいならそれも許しちゃいましょう。私も全面的にtakao_bwさんの意見に賛成です!

投稿: mushizuki | 2009年8月12日 (水) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/30860200

この記事へのトラックバック一覧です: “墨流し”って情緒あふれる名前だなぁ:

« しんじゅさん | トップページ | 至宝の甲虫、奇跡のカナブン »