« 茶色いクーピーペンシル? | トップページ | ミントブルーの瞳 »

浅葱色って、どんな色?

0909062
アサギマダラです。毎年この季節になると筑波山系の山で目にします。アサギマダラは旅をする蝶といわれています。きっと、筑波山の近くで休憩中だったのでしょう。

アサギマダラは漢字で書くと「浅葱斑」。浅葱とは青緑色の古称だそうです。つまり、青緑色の斑の蝶ということでしょうか。確かに前翅に薄い青緑色が見えます。


0909061
ちなみに、この蝶は幼虫も成虫も体内に毒を蓄積しているそうです。触っただけでは無害ですが、食べると毒らしいです。それもこれも外敵から身を守るための知恵と仕組みなのでしょう。詳しいことがウィキペディアに出ていましたので、以下に引用します。

………………………………………………………
幼虫の食草となるガガイモ科植物はどれも毒性の強いアルカロイドを含む。また、成虫がよく吸蜜するヒヨドリバナやフジバカマも、蜜にアルカロイドを含む。アサギマダラはこれらのアルカロイドを取りこむことで毒化し、敵から身を守っている。アサギマダラは幼虫・蛹・成虫とどれも鮮やかな体色をしているが、これは毒を持っていることを敵に知らせる警戒色と考えられている。
………………………………………………………

なるほど。「きれいなバラには刺がある」じゃぁなくて…きれいな蝶には毒があるということでしょうか。


(撮影:2009.9.1/桜川市・旧真壁町)

|

« 茶色いクーピーペンシル? | トップページ | ミントブルーの瞳 »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/31260356

この記事へのトラックバック一覧です: 浅葱色って、どんな色?:

« 茶色いクーピーペンシル? | トップページ | ミントブルーの瞳 »