« 樹皮いろいろ…傷だらけの先駆者 | トップページ | 樹皮いろいろ…いつでも乾燥肌 »

樹皮いろいろ…シマウマの木

1003171
前回の記事でシデの木にふれたので今回はシデを紹介します。こちらが樹皮の様子です。不規則な縦縞が走っています。極端な表現をしてみると、シマウマの木でしょうか。この木を見るたびにいつも私の頭のなかで縞模様の馬がヒヒ〜ンと嘶きます。

シデはカバノキ科クマシデ属。仲間にクマシデ、イヌシデ、アカシデ、サワシバ、イワシデがあります。茨城県南部のちょっとした里山に行くと、必ず出会えるのがイヌシデやアカシデ。でも自分は両者を樹皮だけでは見分けられません。図鑑の写真を見るとこの木はアカシデっぽいのですが…


1003172
木の周りにあった葉っぱです。この葉っぱを見るとイヌシデのような雰囲気。アカシデは葉っぱの先端がもうちょっと長くなります。

前回の記事中で「女性っぽい木」と表現しましたが、あくまでもヤシャブシと比較した場合のことです。でも、なんとなく優しそうな印象の樹皮で女性っぽさを感じませんか?

(撮影:2010.3.12/加波山)

|

« 樹皮いろいろ…傷だらけの先駆者 | トップページ | 樹皮いろいろ…いつでも乾燥肌 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/33820336

この記事へのトラックバック一覧です: 樹皮いろいろ…シマウマの木:

« 樹皮いろいろ…傷だらけの先駆者 | トップページ | 樹皮いろいろ…いつでも乾燥肌 »