« コケのようでコケでない | トップページ | 樹皮いろいろ…傷だらけの先駆者 »

ブナと仲良し

1003151
前回に続いて加波山ハイキングシリーズ。今回は地衣類編です。まずはこちら、ブナの樹皮上にくっついていたものです。個人的な印象ですが、加波山にあったブナの木のほとんどにこの地衣類がありました。ほかの樹木にもつくのでしょうが、ブナとはとても仲良しのようです。図鑑で調べたらオオカノコゴケがよく似ていました。


1003152
次はこちら。名前はわかりませんが、珊瑚のような印象の地衣類です。図鑑にはその名もズバリ、サンゴゴケと言う地衣類がありましたがそれとは違うようです。


1003153
最後はこちら、ひと際目を引くオレンジの物体。どうやらコケや地衣類とは違うようです。ネットで検索して、藻類の一種と判断しました。詳しいことは近いうちに別のブログ「シダ・コケ探検隊」で報告したいと思います。


(撮影:2010.3.12/加波山)

|

« コケのようでコケでない | トップページ | 樹皮いろいろ…傷だらけの先駆者 »

地衣類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/33783092

この記事へのトラックバック一覧です: ブナと仲良し:

« コケのようでコケでない | トップページ | 樹皮いろいろ…傷だらけの先駆者 »