« 粘菌たちの不思議なデザイン | トップページ | お蔵入りしそうだったスミレ »

巨大な龍の背中に乗って

先日、友人と筑波山に登ってきました。登ったと言うと聞こえはいいですが、ロープウェイを使って女体山の山頂付近まで上がっているのでプチ登山です。


1005201
これは女体山頂からの眺めです。筑波山に連なる山並みを望むと、まるで巨大な龍の背中に乗った気分になります。というよりも、筑波山が南端なので頭の上に立っているような感じでしょうか。そう考えると、なんだかとてもいい気分になります。

ぼうや〜よい子だ ねんねしなnote 今も昔も変わりなく〜note

な〜んて歌が聞こえてきそうです。でんでん太鼓を手にした童を乗せた龍が頭の中を横切りました。


1005202
筑波山は双耳峰。男体山と女体山という二つの頂を持っています。ツインピークスと言うとカッコいいかもしれません。男体山は標高871メートル、女体山は877メートルです。この写真は女体山から男体山を望んだものです。

かなり水蒸気が立ち上っていて視界が不鮮明ですが、麓の街並が手に取るようにわかります。人の暮らしと隣り合わせの「ちょっと高い里山」という感じです。少し目をずらすとつくばの中心街も丸見えですよ〜


10052031005204
さて、この日の目的は花の撮影。シソ科のヒイラギソウを撮りたいという友人のお伴をしたわけですが、私もなにか撮ろうと物色してみることに…

(左がヒイラギソウ、右はツクバネソウです)


1005205
トカゲを撮ってきました。尻尾の方に青い線が入っているので子どもですね。


(撮影:2010.5.17/筑波山)

|

« 粘菌たちの不思議なデザイン | トップページ | お蔵入りしそうだったスミレ »

は虫類」カテゴリの記事

山登り・ハイキング」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

mushizukiさんこんばんは。
長く読者でありながらコメント初参加、
けるとのしんわです。よろしくお願いします。

筑波山には小学校の遠足で行ったことがあります。

つくばねに生えてるからつくばねそうなのかな?
…と思いましたが調べたら衝羽根草と書くみたい
ですね、音の一致にびっくりしました。

またコメントに伺います。レコードジャケット紹介
シリーズも楽しみにしています。
では、失礼しました。

投稿: けるとのしんわ | 2010年5月21日 (金) 18時56分

龍の背中に乗って・・・というのを読みました時、
「あぁ、千と千尋の神隠しのあのワンシーンだわぁ~~。」
と・・・勝手にshinelovelyshineしておりましたら、
notesぼうや~~よい子だ ねんねしな~notes
のほうだったんですねbleah
朝から一人大爆笑中の雪国もやしpigです。
(一人笑いは太るっていうのに・・・笑):

キュ~トなトカゲくん・・・可愛いですね。
雪国もやしも、昨日ブロック塀の隙間を通過するトカゲ君を発見。
ケータイで撮ろうと思ったら・・・ススス~っと・・・逃げられてしまいましたhappy01

mushizukiさんのブログで、澄んだ空気いっぱ~~~ぃ吸い込んで・・・おいとまいたしま~す。
ではまたdelicious

投稿: 雪国もやし | 2010年5月22日 (土) 08時57分

けるとのしんわさん、はじめまして。(ようこそ、お待ちしておりました〜)

ツクバネソウの件、じつは私も以前同様のことを考えていました。この植物は、羽子板で突く羽根(バドミントンのシャトルにあたるもの)の形のような実をならせます。そこからの命名みたいです。

レコードジャケットの紹介は、ちょっとひかえています。書き始めるとついつい熱くなってしまうので…。それに同じ音楽的嗜好を持った人も少ないでしょうし。

とは言いつつもまた書きますので、よろしくお願い致します。

投稿: mushizuki | 2010年5月22日 (土) 12時20分

雪国もやしさん、こんにちは。

すみません、期待を裏切ってしまって…なんせ、年寄りなものなので「千と千尋」は思い浮かびませんでした。

トカゲ君はなかなかつかまりません。カナヘビよりも臆病なようで、すぐ逃げてしまいます。じつは、密かに飼ってみたいと思っているのですが…

投稿: mushizuki | 2010年5月22日 (土) 12時26分

こんばんは。

ツクバネソウの名前は実が羽根突きの羽根形から
由来しているのですね。漢字でどう書くのか?
しか調べなかったので詳細ありがとうございます。

レコードジャケット紹介シリーズは、
mushizukiさんの言う通りですね~。
なるほど納得でした、またいつか…と言う事で。

ではでは

投稿: けるとのしんわ | 2010年5月23日 (日) 22時00分

けるとのしんわさん、こんにちは。

漢字で書けばイメージできますけど、ツクバネと書かれたら、やっばり筑波嶺となっちゃいますね。正直、数年前まで「衝羽根」とは思っていませんでしたから…日本語はムズカシイ?

レコードジャケットシリーズは書く気満々なんですけど、書き出すと支離滅裂になってしまって…いっそ、そのまま載せてしまえっ! と投げやりにアップしてます。しばらく間があいているので、そろそろって感じでしょうか。

投稿: mushizuki | 2010年5月24日 (月) 12時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/34790253

この記事へのトラックバック一覧です: 巨大な龍の背中に乗って:

« 粘菌たちの不思議なデザイン | トップページ | お蔵入りしそうだったスミレ »