« さまよう志向とへんなおじさん | トップページ | まんじゅうができたよ »

えげつない天気の尾瀬。嫌いじゃないです関西のノリ

1005241
ほんの数日前に山開きをしたという尾瀬。行ってきましたよ、昨日。

ハイカーたちは疎らでほとんど貸し切り状態です。「尾瀬を独り占め」とは言わないまでも、のんびりと歩くことができました。それもそのはず。天気は雨ですし、雪がまだ残っています。花はミズバショウくらいしか咲いていませんでした。

この写真は、「山の鼻」から尾瀬ケ原に向かう途中、急に雨が強くなってきたので引き返した際に撮ったもの。逆に尾瀬ケ原方面の風景も撮ってあります。それが下の写真。


1005242
どうです。ほぼ貸し切り状態でしょ。尾瀬がこんなにすいていていいの? 

今回は鳩待峠から尾瀬ケ原を目指しました。人ごみによる渋滞は一切なく、途中で立ち止まりながら誰に気兼ねすることもなく写真をバシバシ撮れます。でもね〜、雨でカメラがびしょぬれ。防水機能のないコンデジ・リコーR10が心配になり、あまり枚数は撮れませんでした。


1005243
ハイカーは少ないものの、たまに誰かとすれ違うこともあります。雪の岩場で高齢者のご夫婦が通るのを待っていてあげたときのことです。ご主人がすれ違い様に言葉をかけてきました。

「えげつない天気やな〜」

一瞬ドキッとしました。えげつないとはけっこう強烈な言葉です。関東人いや私ににとって、えげつないとは「非道」とか「卑怯」とか「人の道にはずれた」とか悪いイメージ満載の言葉です。でも、発言者は関西の人。その真意は「まったく、ひどい天気ですね」くらいの軽いものなのだろうと理解しました。

(しっかし、天気の形容にこの言葉を使うとは…関西人の表現力ってダイナミックやな〜)


1005244
いや〜、関東と関西の言葉のギャップっておもしろいです。言葉の文化の違いというか、表現の方法の違いというか、リアルタイムでやり取りすると発見と感動の連続で刺激的です。自身の思考回路がフルスピードで作動するのがわかります。


1005245
じつは、関西の人たちのノリって嫌いじゃないんです。関東人は関西人を受け入れない人が多いようですが、私は興味津々でいろいろなものを吸収しちゃいます。ただ、残念なのは吸収するだけでそれを活かせないこと。


1005246
学生時代に関西の友人がいたので、彼の言うこと成すことからいろいろなことを学びました。「これが関西人か〜」ということを肌で感じたわけです。


1005247
私が感じた関西人の特徴とは…
割り切りが早い(だめなものはスパッと諦める)
切り替えが早い(あまりくよくよしない)
立ち直りが早い(つねに前向き思考)

もちろん、すべての関西人に当てはまるわけではありませんが、だいたいこのような傾向を持っている人が多いのではないでしょうか。非常に悔しいのですが、私はこのなかで持っているものは一つもありません。だから人生が拓けないのかも…


1005248
冗談のように受け止める方も多いかもしれませんが、世の中で成功する人というのは、このうちのどれか、あるいは複数を必ず持っていると私は確信しています。「わかってるんなら、実行しろよ!」と誰かに言われそうですが…これがじつに難しいものなのです。


1005249
あれー、尾瀬の話からずいぶんはずれちゃいましたね。ま、はずれついでに、ご主人の後から歩いてきた奥様の言葉も。

「ありがとう、おおきに」

なんか、この一言を聞いてほっとしました。いい響きですね〜“おおきに”。いろんなニュアンスが感じられる素晴らしい言葉だと思います。とくに「えげつない」という言葉を聞いた後だったので「おおきに」の一言で救われた気分になりました。

関西の言葉って、やっぱりおもしろいです。

ついでですが、私は東北弁が大好きです。すべての意味が分かるわけではありませんが、聞いていて心地いいんです。あぁ、また東北に行きたいなぁ〜

途中から本文とまったく関連のない写真で尾瀬の一日を振り返ってみました。念のため写真の説明を…

4枚目は言わずと知れたミズバショウ、5枚目は地衣類でサルオガセの一種(糸みたいなものがぶら下がっています。これは空気の澄んだところにしか生えません)、6枚目はショウジョウバカマ(なぜか色が白い。猩々だから赤、あるいはピンクのはずなのですが)、7枚目はエンレイソウ、8枚目はシダでコケシノブの仲間、9枚目はなんとなく撮ったコケむした木の株です。


(撮影:2010.5.23/群馬県・尾瀬)

|

« さまよう志向とへんなおじさん | トップページ | まんじゅうができたよ »

個人的な思い」カテゴリの記事

県外の話題」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

mushizukiさんこんにちは。

ショウジョウバカマって本来は赤やピンク色なの
ですね。この白からは想像出来ませんが
それはそれで綺麗なのでしょうね。

私にも学生時代に関西の友人がいまして…。
今ではつきあいがなく、当時の印象でしか
ありませんが、mushizukiさんが感じた関西の方の
特徴イコール彼であったと記憶しています。

言葉の響きがストレートで明るく、そのことからも
前向きな感じがして関西弁って良いなあ!と
思ったものでした。

言葉って不思議ですね。

投稿: けるとのしんわ | 2010年5月26日 (水) 12時07分

けるとのしんわさん、こんにちは。

ショウジョウバカマの件ですが、なかには白い花もあるそうです。ですので特に驚くような変異ではないみたい。お騒がせしました。

関西弁の件です。私の個人的な感覚ですが…
関西弁には“人間温度”みたいなものを感じます。「思い」とか「意志」とか、いわゆる人情味みたいなものでしょうか。わかりやすく言うと、口語的な口語(感情ストレート! みたいな)。

逆に関東弁は文語的な口語のような気がします。標準語という宿命を背負った言葉なので仕方ないとは思いますが、体温みたいなものは感じませんね。本来なら今の関西弁に該当する「江戸弁」みたいなものがあったのでしょうけど…

関東だってそれぞれの地方で方言はあるはずですが、公の場になるとみんな標準語になっちゃって、なんだかつまらないと思います。というか、地方によって言葉の変異が大きすぎるので、方言のままだと通じないので標準語をしゃべるのでしょうけどね。

蛇足情報ですが
午前中に関西(大阪)の人と話してきました。そのとき「えげつない天気」のことを尋ねてみたんです。関西では当たり前のように「えげつない」は使うようです。ちょっと大袈裟に表現するときの常套句らしいです。あいつはひどい奴だなぁ〜なんて場合は「えげつない奴(やっちゃ)なぁ〜」となるわけです。

さらに蛇足情報です。
大阪は車の運転がけっこう荒いみたいですが、その人曰く「茨城はもっと荒いというか恐い」そうです。それを聞いたとき、「ついに茨城は交通マナーの悪さで日本一の座を勝ち取ったのか?」と呆然としてしまいました。

もしも茨城に車で来る機会があったら、上記のことを頭の片隅に置いておいた方が賢明かもしれません(予防接種として役立ててください)。

念のため言っておきますが、すべての茨城県人が荒いわけではありません。とくに私などはのんびりしている方で、よく後の車に煽られます。

歳をとって目が悪くなった上に判断力が鈍くなり、今となっては若い頃のやんちゃな運転が夢のようです。

投稿: mushizuki | 2010年5月26日 (水) 15時16分

mushizukiさんこんにちは。

ショウジョウバカマの白は変異でなく良かったです、
個人的に色合いが素敵だな…と思ったもので。

江戸弁ですが、90歳になる祖母は生まれてから
今まで下町暮らし、「そこ真っつぐ行って…」
なんて感じです。私が「真っすぐ」でしょ…
なんて言おうものなら、
「江戸っ子はしちめんどくさいこと言わないの。」
なんて返されてしまいます。
私がしちめんどくさいって言うと、「言葉遣いは
丁寧に…」って怒られるんですけどね…(笑)。

以前、出身が関東以外の方から言葉の響きが
きついと言われたそうです。
私は慣れ親しんでいるので気が付きませんが、
確かにそう聞こえる部分もあるのかなぁ?と
思ったりもします。
もしかすると、祖母の話すテンポが速いので
そう感じられてしまうのかも?ですが…。

茨城は車の運転荒いのですか?
あまりそういうイメージないんです、と言っても
20年以上前に石岡~岩間~那珂川とドライブ
して以来訪れていないのであまりおぼえてないん
ですけど。
mushizukiさんのブログを拝見していると、
自然の魅力を感じにまた茨城に行きたいな~と
思うので、車で行く際には、アドバイス通り
頭の片隅に置いておきますね。

投稿: | 2010年5月31日 (月) 10時23分

mushizukiさんごめんなさい。
5月31日(月)10時23分のコメントを送ったのは私
けるとのしんわです。名前を入力し忘れました。
まだまだコメント初心者なもので、
不慣れをお許し下さい。
失礼いたしました。

投稿: けるとのしんわ | 2010年5月31日 (月) 10時30分

けるとのしんわさん、こんばんは。

おばあちゃんは江戸の人なんですか〜。確かに関東の言葉はちょっとキツいのかもしれませんね。

地元・茨城の言葉も相当なもんです。誰かが会話している声が耳に入ると…「おっ、喧嘩か?」と思うことがよくあります。内容にまで耳を傾けると、仲の良いお友達同士の会話でホッとすることが…。たぶん、他県の人が聞いたら間違いなく喧嘩と思うことでしょう。

投稿: mushizuki | 2010年5月31日 (月) 18時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/34847979

この記事へのトラックバック一覧です: えげつない天気の尾瀬。嫌いじゃないです関西のノリ:

« さまよう志向とへんなおじさん | トップページ | まんじゅうができたよ »