« 黒うなぎは新勝寺を目指す | トップページ | Oze in blue…爽やかな青の一日 »

ブナは何本あるのかしら?

1006031
本日は下界を後にして山頂付近をうろうろしてきました。

出かけた先は筑波山です。こちらは筑波山のケーブルカーの頂上口付近から望んだ北西部のようす。天気はすこぶるよかったものの、水蒸気が多くて風景がかすんでいます。本来なら目の先に那須連峰が見えるはずなのですが、本日はご覧の通り。誠に残念でございます。


1006032
本日してきたこと、それは筑波山にあるブナの木を一本一本確認して、ナンバリングするのと同時にGPSという最新機器を使って生えている位置を調べることです。簡単に言うと、すべてのブナの戸籍をつくるということでしょうか。

すでに5,000本近くが確認されているそうで、最終的には8,000本くらいにはなりそうだとか。すごいです! まさか、筑波山にそんなに多くのブナ(イヌブナも含む)が生えていたなんて誰が予測したでしょう?

筑波山って標高877メートルなんですけどねぇ。ブナって標高が高い山に生える木らしいので、意外と言えば意外だと思います。


1006033
こちらは昼食後に水を飲んだ沢の源流です。ちょろちょろと水が湧いているのですが、本当に飲める水なのかどうかはわかりません。同行の方が「飲めるよ」と言ったので、まさしくそれを鵜呑みにしてゴクッといただいてきました。

確かに、物理的にはいくらでも飲むことは可能です。でも、適しているかどうかはどうなんでしょう? 信じるものは救われると言いますし、飲んでから7〜8時間経っても特別変わったことがないので大丈夫なのでしょう。これに味をしめて、また飲んでしまいそうです。


1006034
湧き水の近くにあった倒木には、コケがびっしりと生えていました。あまりにも美しかったので一枚撮っておきました。


(撮影:2010.6.3/桜川市・旧真壁町の筑波山)

|

« 黒うなぎは新勝寺を目指す | トップページ | Oze in blue…爽やかな青の一日 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/35039098

この記事へのトラックバック一覧です: ブナは何本あるのかしら?:

« 黒うなぎは新勝寺を目指す | トップページ | Oze in blue…爽やかな青の一日 »