« もののけ姫の神秘の森 | トップページ | 尾瀬…時を忘れる花の楽園 »

尾瀬…ニッコウキスゲの夏が終わる

茨城の自然を報告するはずのブログが、尾瀬のレポートばかりになってしまい恐縮です。今回も尾瀬の報告となります。

(毎度のことですが、鳩待峠から山の鼻を経由して尾瀬ケ原に向かいました)


1007271
先日出かけた尾瀬ケ原はご覧のように緑一色。カキツバタもヒオウギアヤメもありません。驚いたのはニッコウキスゲが咲いていなかったことです。ほんの二週間前には一面に咲き誇っていたのに、あっと言う間に花期は過ぎてしまったようです。そんな状況を見て、歩いている方達から残念がる言葉が聞こえてきます。

「ニッコウキスゲ、全然ないじゃん!」
「咲いてないんじゃこれ以上歩いてもつまらないわ」
「ホント、がっかり。テンション下がるわね〜」
「あれを見るつもりできたのに、どっと疲れが出たわ〜」

怨み節はいろいろです。でもね〜、仕方ないじゃないですか、自然の営みなんですから。それより、もっとよく目を凝らしましょう! いろんな花が咲いていますよ〜。あそこにも、ここにも。「まぁ、まぁ、そうお嘆きにならずに、気を取り直して行きましょうよ」。な〜んてことは言いませんでしたけど、自分はいろんな花を見つけて楽しんできました。


1007272
ニッコウキスゲの代わりに黄色い花を咲かせていたのがこちら。


1007273
キンコウカです。ニッコウキスゲに比べるとはるかに小さい花なのでボリューム感では劣りますが、群落を形成している場所は黄色いベールをかぶせたようでなかなかきれいです。


1007274
こちらはコバギボウシです。カキツバタやヒオウギアヤメ亡き後、「紫の彩りを添えるのは私の役目」とばかりに各所で奮闘しています。緑と紫の組み合わせも捨てたものではないと思わせるなかなかの役者ぶりでした。


10072751007276
こちらはナガバノモウセンゴケです(左)。花の直径は5〜6ミリでしょうか、白い小さな花を咲かせていました(右)。ナガバノモウセンゴケはやや湿ったところに多いような気がします。


1007277
これでもバラ科の植物なんですよね〜。ワレモコウの花です。けっこう目立つのですが、花らしくない花なので、人気はあまりないような気がします。尾瀬でなくても見られる花なので、鑑賞の対象にならないようです。でもね、尾瀬にもワレモコウが咲いているという事実が、私には新たな発見だったのであります。


1007278
こちらはオトギリソウです。尾瀬の花図鑑を二冊持っているのですが、どちらにも載っていません。尾瀬を象徴する花ではないということでしょうか? 確かに茨城県南部でも咲いている場所がありますからね。これといった理由はないのですが、オトギリソウは何となく好きな花です。花弁と萼片に黒点があるのが特徴です。ほかの花にはないデザインがいいと思います。


1007279
何となくオトギリソウに似たシルエットの花、トモエソウです。それもそのはず、同じオトギリソウ科オトギリソウ属なのです。トモエソウは花びらが少しよじれて船のスクリューみたいになっています。この花びらの形状が巴紋みたいになっているからこの名前がついたのだと思います。

ほかにもいろいろ花が咲いていました。つづきは次回に持ち越したいと思います。


(撮影:2010.7.25/群馬県片品村)

|

« もののけ姫の神秘の森 | トップページ | 尾瀬…時を忘れる花の楽園 »

山登り・ハイキング」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

県外の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/35918158

この記事へのトラックバック一覧です: 尾瀬…ニッコウキスゲの夏が終わる:

« もののけ姫の神秘の森 | トップページ | 尾瀬…時を忘れる花の楽園 »