« 梅雨にこんにちは! | トップページ | シルベストリス? ディコトーマ? どっちかわからん »

尾瀬の黄色い花…二人の少女の思い出

1007141
先日、約一か月ぶりに尾瀬に行ってきました。ちなみに前回は6月上旬です。そのときから比べると、尾瀬ケ原は緑豊かな湿原に大変身しています。なるほど、季節ごとに風景と花が楽しめるという話に納得がいきました。

それにしてもかなりの種類の植物があります。しかも、茨城県南部では拝めないものばかり。あまりにもたくさんの花が咲いているので、狂ったように片っ端から撮ってきちゃいました。ところが、あまりにも撮りすぎたので、どのように報告していいかわからなくなってしまいました。そこで、色ごとに分けて報告することにします。

今回の撮影プロジェクトは題して「尾瀬ワンダーランド・なんでも撮っちゃえ大作戦」。まずは黄色系の花から報告したいと思います。


1007142
うわ〜、昭和のよき時代を思わせるシーンです。写っている二人の女性は、半世紀前には少女だった方たち。こんな遠くからなぜわかるんだ? とおっしゃる人もいるでしょう。それは…この写真を撮ったあとに、お二人にお会いしたからです。

「あ〜、やっと人がきてくれた! よかった〜」

彼女たちは誰かに写真を撮ってもらいたかったようで、私にシャッターを押してほしいと声をかけてきました。「おやすい御用です」と小さなカメラを受け取り、ニッコウキスゲを背景に微笑むお二人をファインダーから覗き込みました。えっ、ファインダー? そうなんです、そのカメラはデジカメではなく一昔前のフィルムカメラだったのです。それが妙に懐かしさをくすぐりました。「ものを大事に使っている人なんだなぁ」と、今の日本人が忘れかけている大切なものを思い出させられた私。お二人のためにも、記念になるいい写真を撮ってあげたいとシャッターを押す指先に力がこもります。(おい、どこに力入れてるんだ! 違うだろ)


1007143
「まずはニッコウキスゲがぱぁ〜っと咲いているのを背景に!」

パシャ。

「もう一枚撮りましょう。今度は縦で!」

パシャ。

「それじゃ、今度は山を背景にいきましょう!」

パシャ。

まるでプロカメラマンの仕事現場さながらに、あれこれ注文をつけてお二人を動かしてしまった私。いろいろなシーンで撮ってあげたいと考えたのはもちろんですが、その一方で3枚撮れば1枚くらいいいのがあるだろうと保険をかけたわけです。彼女たちのカメラがデジカメだったら、もっと撮ってあげたと思います。

撮影途中で私はあることに気づきました。彼女たちは顔も体型もそっくり瓜二つなのです。写真を撮り終えてから尋ねてみると…

「そうでーす。双子でーす」

Vサインをかざして、満面の笑みを浮かべるお二人。その笑顔のかわいらしいこと。写真を撮っているときにも同じ笑顔を揃えてくれた姉妹でした。それは写真用の作り笑顔ではなく、喜びをそのまま表した素敵なお顔です。言葉にはしませんでしたが、仲の良い姉妹の同じ仕草をこの上もなく愛おしく感じました。

「まるで少女がそのままおばあちゃんになったような人たちだなぁ」

人生の大先輩に対してはなはだ失礼ですが、そんなことを思ってしまった私。決して美人姉妹とは言えないお二人でしたが、とても素敵な女性に感じられました。幸せってこういうことをいうのかもしれない…と、しみじみ思った次第です。はい。

お二人はそれぞれ長野と東京にお住まいです。今回、姉妹で尾瀬に来るにあたっては、東京の妹さんの家に泊まって楽しいひとときを過ごされたそうです。

「今日は尾瀬、明日は至仏山に登るんです」

高山植物を見るのを楽しみにしていると、嬉しそうに話す姉妹。

「きっと明日は晴れですよ」

そう願いを込めて、つい口から言葉が出てしまいました。怪我なく無事に帰ってきてくれたらいいなぁと心から思いました。

え〜、たいへん失礼致しました。単なるエピソードを軽く記そうと思ったのですが、とんでもない長文になってしまい恐縮です。

この先は軽く流しますので、あしからず。

1007144
これは言うまでもない有名な花、ニッコウキスゲです。ほぼ満開に近い状態でしょうか? ピークは今週末あたりかもしれません。


1007145
こちらはキンコウカ。ぽつりぽつりと姿を見かけました。


1007146
こちらはヤナギトラノオ。サクラソウ科の草ですが、葉っぱはヤナギにそっくりです。なので、ヤナギトラノオの名前がついているのだろう…と勝手に判断。

次回は赤系あるいは青系、白系の花のいずれかを報告したいと考えています。


(撮影:2010.7.12/群馬県片品村)

|

« 梅雨にこんにちは! | トップページ | シルベストリス? ディコトーマ? どっちかわからん »

山登り・ハイキング」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

県外の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/35752031

この記事へのトラックバック一覧です: 尾瀬の黄色い花…二人の少女の思い出:

« 梅雨にこんにちは! | トップページ | シルベストリス? ディコトーマ? どっちかわからん »