« 尾瀬の赤腹君 | トップページ | 夏の尾瀬…そこに感動はあるか? »

尾瀬…川に浮かぶ杉の森

10080810
8月4日の尾瀬の報告のつづきです。

この日も鳩待峠から山の鼻を経由して尾瀬ケ原に向かいました。鳩待峠に着いた時、温度計を見たらなんと21度。爽やかな風が吹いているせいもあり、とても心地よい日でした。今回はちょっと変わった写真をお見せしたいと思います。


10080811
森林を俯瞰したようですが、いわゆる空撮ではありません。橋の上から川を撮ったものです。場所は上ノ大堀川です。


10080812
杉の木のように見えるのは水草の茎です。名前はスギナモ。花はとても小さいそうなので、橋の上からは到底撮影できません。

この茎のようすがスギナに似ているのでスギナモの名前がついているのだと思います。遠くから見ると杉の木に見えるのですが、近くならスギナに見えるのかもしれません。


10080813
実際はこんな感じで水草が広がっています。最初の写真は右の部分を写したものです。水のなかでゆらゆら揺れている水草から、スギナのような茎が直立しているのが何となくわかると思います。写真の左半分からはまだ茎は伸びていません。全体からニョキニョキと茎が伸びきったら、川一面がスギナだらけになりそうです。それはそれで壮観な風景だろうと想像します。なんだか無性にその風景が見たくなってきました。


(撮影:2010.8.4/群馬県片品村)

|

« 尾瀬の赤腹君 | トップページ | 夏の尾瀬…そこに感動はあるか? »

へんなもの」カテゴリの記事

水草」カテゴリの記事

県外の話題」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/36070218

この記事へのトラックバック一覧です: 尾瀬…川に浮かぶ杉の森:

« 尾瀬の赤腹君 | トップページ | 夏の尾瀬…そこに感動はあるか? »