« もふもふ、夏の腹巻き | トップページ | 尾瀬…川に浮かぶ杉の森 »

尾瀬の赤腹君

1008071
先日、尾瀬に行ってきました。盛夏の尾瀬は緑一色。ニッコウキスゲはしばらく前に花期が終了してしまい、尾瀬ケ原で大きな花は見られません。しかし、足元を見ると小さな花がいろいろ咲いています。

ちなみに、今年6回目の訪問です。月に一度は出かけていることになります。仕事なのでのんびりしていられないのですが、写真はいろいろ撮ってきました。もちろん花も撮ってきましたが、ほかのものも撮っています。今回は両生類と魚類を報告したいと思います。


1008072
こちらはアカハライモリのようです。じつは7月頃から目にしていました。木道からはなれた池塘を泳いでいることが多かったので、ずっと撮れずじまいでした。今回は木道近くにいたので姿を記録することができたというわけです。

じつは、サンショウウオかもしれないとずっと思っていました。今回、手に取って裏返してみたらお腹が赤かったのでイモリと断定。ちょっとした発見でした。


1008073
こちらは尾瀬ケ原の小さな川を泳いでいた魚です。アブラハヤのようです。この魚たちは観光客に餌付けされているようで、何かを水面に落とすと一瞬にして大群が押し寄せます。まるで池の鯉状態に唖然としてしまいました。


(撮影:2010.8.4/群馬県片品村)

|

« もふもふ、夏の腹巻き | トップページ | 尾瀬…川に浮かぶ杉の森 »

両生類」カテゴリの記事

県外の話題」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/36065757

この記事へのトラックバック一覧です: 尾瀬の赤腹君:

« もふもふ、夏の腹巻き | トップページ | 尾瀬…川に浮かぶ杉の森 »