« 尾瀬…白から茶色、そして緑に | トップページ | デコ平湿原の花たち »

グランデコで蝶とハイキング

先日、福島県裏磐梯にあるグランデコスキー場でハイキングをしてきました。スキー用のゴンドラで標高約1,400メートルまで登り、デコ平と呼ばれる場所を歩いてきたわけですが、そこには小さな湿原がありました。(湿原のようすや咲いていた花のことは次回に報告します)

今回はハイキングコースで出会った蝶たちを報告したいと思います。


1008141
クジャクチョウです。じつに美しく、熱帯地方の蝶を彷彿させます。目玉みたいな模様が上の翅と下の翅に各一対あるのが目印です。


1008142
周辺にはヨツバヒヨドリというキク科の花がたくさん咲いていて、ほかの蝶たちもたくさん集まっていました。


1008143
グランデコはアサギマダラが見られることで有名だそうです。この蝶は旅をする蝶としても知られていて、グランデコには旅の途中に立ち寄るみたいです。なんでも、なかには2,000キロ以上を旅するものがいるらしいです。海を超えて台湾に行き着くものもいるんだとか。すごいですね〜

午前中、ヨツバヒヨドリで吸蜜していたアサギマダラ。ハイキングの帰りにゆっくり撮影しようと思ったら、午後の暑い時間は日陰でお休みするみたいです。仕方ないので休憩中のところを撮影しました。

余談ですが、アサギマダラは茨城県南の筑波山でも見られます。てっきり旅の途中に立ち寄っているのかと思っていたのですが、話によると少数ですが筑波山で繁殖しているらしいです。


1008144
タテハチョウの仲間、ヒョウモンチョウの一種です。図鑑を見たら、ウラギンヒョウモンのような感じでした。


1008145
ちょっと地味めのタテハチョウの仲間、サカハチョウです。これは茨城県南部では見たことがないような気がします。ところが、図鑑には平地から産地の樹林周辺で普通に見られるとあります。

「そうだったのか〜、知らなかった」

普段、いかに蝶を見ていないかを実感しました。

撮影はできませんでしたが、ほかにもキベリタテハやミヤマカラスアゲハなどが飛んでいました。ハイキングをしながら蝶を見るのは意外に楽しいものです。それができたのは、蝶の集まるグランデコだったからかもしれません。この季節に当地を訪れる方は、蝶にもぜひ注目してください。


(撮影:2010.8.11/福島県耶麻郡塩原村)

|

« 尾瀬…白から茶色、そして緑に | トップページ | デコ平湿原の花たち »

山登り・ハイキング」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

県外の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/36176584

この記事へのトラックバック一覧です: グランデコで蝶とハイキング:

« 尾瀬…白から茶色、そして緑に | トップページ | デコ平湿原の花たち »