« キレイマイマイとおいしい湧き水 | トップページ | 赤いひつじと緑のひつじ…尾瀬は燃えているか? »

雨の尾瀬もまた楽し

1009191
子どもの頃、雨の日に外を歩くのが楽しかった時期があったような記憶があります。長靴をはいて傘をさし、水たまりのなかを何のためらいもなく行進して行く…傘にはね返る雨音が心地よいリズムを刻んでいることに気づいたのはその頃です。大きな雨粒だったりすると、水たまりの上に王冠のような不思議な水の輪ができるのも発見しました。

そんな雨の日が嫌いになったのは、いつの頃からだったのでしょう。濡れることの不快さが喜びより大きくなってしまったのは、きっと学校に通うようになってからのような気がします。

雨の日のハイキングを決行するとき、なぜかいつもこのことを思い出します。そして、あの頃のように楽しく雨の散歩を楽しめないものかと自問するのです。


1009192
雨の尾瀬は、久しぶりに子どもの頃の楽しい記憶を甦らせてくれました。土砂降りでなかったせいもあるのでしょうが、しとしとと降る雨の湿原は妙にやさしく、瑞々さにあふれています。湿原をより湿原らしく見せてくれた雨に感謝したくなるほどでした。


1009193
ここに来て朝晩がだいぶ涼しくなり、茨城県南部でも秋の気配を身近に感じられるようになりました。秋の訪れが早い尾瀬は、今こんな感じです。


1009194
じつは、先月の中旬にも尾瀬に行きました(写真は8月21日の尾瀬ケ原のようす)。そのときすでに秋の気配が漂っていた尾瀬ケ原だったので、今回の訪問では本格的な秋の様相を呈しているだろうと想像していましたが、季節は急激に移り変わってはいませんでした。でも、湿原の草がだいぶ色濃くなってきているのは事実。あと1〜2週間もするとより深い秋色に変わるのでしょう。たぶん、今月の下旬にも再び尾瀬を訪れると思うのでレポートしたいと思います(余裕があれば)。


(撮影:2010.9.16/群馬県片品村)

|

« キレイマイマイとおいしい湧き水 | トップページ | 赤いひつじと緑のひつじ…尾瀬は燃えているか? »

山登り・ハイキング」カテゴリの記事

県外の話題」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

mushizukiさんお久しぶり(?)です、お元気そう
で安心しました。花の季節が終わった尾瀬という
のもまた違った表情をみせてくれるのですね。

雨の日は私も苦手です。濡れるのが嫌なのはmushizukiさんと同じですが、もうひとつは剛毛な
上に髪のクセがひどく、どんなに整髪剤を付けても、家を出た途端…湿気でトホホ…なのです。

ではまた。

投稿: けるとのしんわ | 2010年9月20日 (月) 23時50分

けるとのしんわさん、ご無沙汰した上に返信が遅れてすみません。お元気でした?

じつは私も超剛毛です。今でこそ髪が細くなり、しかも薄くなってしまいましたが、若い頃はそれはそれは大変でした。同じ悩みを持つ人間同士、身の上に起きたことはほぼ共通するでしょう。

数か月前から仕事の面で生活が一変したので、ブログを書く時間がほとんどなくなりました。ですので、以降の更新は月に1〜2回となることが予想されます。週に1〜2回ペースになったら、よっぽど暇なのか、慣れて余裕が出てきたのだと思ってください。

できることなら週2〜3回の更新はしたいのですが、どうなることやら…

投稿: mushizuki | 2010年10月 3日 (日) 01時57分

mushizukiさんこんばんは。

まだこちらは25度以上の日もありますが、
やっと猛暑が過ぎ、元気にしております。
雨の日は大人しく、プログレを聴いています。
お互い剛毛の苦労は尽きないですね…。

お仕事の面で生活が一変されたのですね。
仕事が忙しいのかな?と思ってはいましたが、
もしや体調がすぐれないのかも?と心配したりもで
…安心しました。

と言え、関東は急に涼しくなっている様子、
お身体に気を付けてお過ごし下さい。

尾瀬ミッションお疲れ様でした。
mushizukiさんの感動が伝わってくるようで
シリーズとても楽しかったです。
またコメントに伺います、では。

投稿: けるとのしんわ | 2010年10月 4日 (月) 21時57分

こんばんは〜、けるとんしんわさん。またまた返信が遅れました。更新したらコメントの返信をしようと思っていたので…すみません。

さて、関東地方というか茨城はだいぶ秋らしくなってきました。連日、車の窓を全開にして走っています。なぜかって?

そりゃ〜、キンモクセイの芳香を楽しむためです。あの匂いには本当にうっとりしてしまいます。と同時に、自分が虫になったような気分も味わえるのです。虫になってみると、キンモクセイがなんであんなにいい匂いを漂わせるのか、その理由がなんとなくわかってきます。

よろしかったら、けるとのしんわさんも今年は虫になってみてはいかがでしょう? 変なお誘いでスミマセン。

投稿: mushizuki | 2010年10月 7日 (木) 00時41分

mushizukiさん、こんばんは。

キンモクセイの香りって馨しいですよね~。
なぜいい匂いを漂わせるのか理由を知りに、私も
今年は虫になってみますね。
お誘いありがとうございました~。

投稿: けるとのしんわ | 2010年10月11日 (月) 23時08分

けるとのしんわさん、こんばんは。

虫になれましたでしょうか? そろそろキンモクセイの花たちも散り始めております。

次は沈丁花の季節を待ちましょう。

投稿: mushizuki | 2010年10月13日 (水) 01時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/36826123

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の尾瀬もまた楽し:

« キレイマイマイとおいしい湧き水 | トップページ | 赤いひつじと緑のひつじ…尾瀬は燃えているか? »