« 旅を見つける旅…好奇心ナビで進め! | トップページ | 嘘ついたら、ブナ千本の〜ます!? »

滝を見つめるきのこ

1010281
今週の初めに福島県にある滝川渓谷に出かけました。福島県と言っても茨城のすぐ隣にある矢祭町です。国道349号を福島方面に走り、旧里美村(現在は常陸太田市)を過ぎると峠があります。ここが茨城と福島の県境。福島県に入ってすぐのところに滝川渓谷の入口があります。

奥久慈の秘境? いや、福島の秘境とも呼ばれている滝川渓谷。以前から滝があるとは言われていたそうですが、何の整備もされていないのであまり人が寄り付く場所ではなかったようです。噂によれば、あるお年寄りが一人で遊歩道を整備し始めたのだとか。現在のハイキングコースは町が巨額を投じ(三億円以上とも言われているが本当でしょうか?)て整備し、平成15年に完成したものだそうです。

わずか3キロメートルのコースに四十八の滝があるそうです。歩いてみると充実感の感じられるコースであることがわかります。決して急ではありませんが、起伏があって適度にハイキングスピリット(なんのこっちゃ?)を刺激してくれます。常に沢のそばを歩いているので、蝉時雨のような水音が素敵なBGMに聞こえます。音楽が人の心を癒してくれるように、水音がハイカーの心を癒してくれるのかもしれません。

ところで、この渓谷が地図に記されていないのをご存じでしょうか? 少なくとも私の持っている道路地図には載っていません。記されているのは「おぼろの滝」という名称だけ。この滝は滝川渓谷の下流の方にある滝です。地図を頼りに訪れる際には「おぼろの滝」を目指して進んでください。ちなみに、文明の利器ともいえるカーナビで検索しても滝川渓谷は見当たりません。な〜るほど、秘境と呼ばれる意味がようやく分かりました。(冗談です)


1010282
なにはともあれ、ハイキング!

ご覧の通り、紅葉はまだまだ。地元の人に尋ねたら、10日後くらいから見頃になるだろうとのことでした。ということは11月の初旬ですね。

ハイキングの途中で見つけた素敵なお友達をご紹介します。滝を見つめるきのこ君です。いいですね〜、やっぱりきのこは絵になります。だからきのこ撮りはやめられません。食べられるきのこならお持ち帰りして、いただいちゃえば一挙両得。でも、救急車で運ばれたらいやだからこのきのこは採らずに撮るだけにしておきました。


1010283
こちらは滝川渓谷の中でも最上流部にある「銚子口の滝」です。紅葉したらさぞかし美しいでしょう。ここでいいことを教えちゃいます。この滝のほぼ正面には東屋があります。ハイキングコース上にはいくつかの東屋が点在していますが、私が一番おすすめするのは、この銚子口の滝の前にある東屋です。ここでお昼を食べるなんて、なんと贅沢なことか! お茶を飲むだけでもかなり贅沢です。

どんなに詩心のない人でも、詩人になれるような気がする場所です。心を落ち着かせれば俳句の一句や二句がかる〜く詠めそうな気になりますので、騙されたと思って座ってみてください。もったいないので、決して素通りだけはされぬようお願い致します。ではでは…


(撮影:2010.10.25/福島県矢祭町)

|

« 旅を見つける旅…好奇心ナビで進め! | トップページ | 嘘ついたら、ブナ千本の〜ます!? »

きのこ」カテゴリの記事

山登り・ハイキング」カテゴリの記事

県外の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/37435091

この記事へのトラックバック一覧です: 滝を見つめるきのこ:

« 旅を見つける旅…好奇心ナビで進め! | トップページ | 嘘ついたら、ブナ千本の〜ます!? »