« 雨の尾瀬もまた楽し | トップページ | 想像力で遊べ »

赤いひつじと緑のひつじ…尾瀬は燃えているか?

1010021
先月末に尾瀬に行ってきました。今シーズン最後の訪問です。5月末から9月末まで約4か月間に9回訪れたことになります。これから本格的な紅葉になり、秋のクライマックスを迎えることでしょう。その最高のシーズンを目にすることが叶わないのが本当に残念です。噂に聞いている「燃えるような尾瀬」の紅葉。美の極致に至る前段ではありますが、私にとって今年最後の尾瀬をリポートしたいと思います(かる〜くね!)。


1010022
枯れ穂の向こうに見る燧ヶ岳は、なぜかいつもと違う表情に見えます。


1010023
草紅葉と言うのでしょうか? 尾瀬ケ原の草はすっかり秋色です。周囲の樹木は紅葉していませんが、その緑が秋色に染まったらこの湿原はどれほど美しい風景に変わるのでしょう? 見たかった、本当に見たかった! あと数週間待てば見られるのでしょうけど、私の尾瀬ミッションはこの日で終了。く、くやし〜


10100241010025
10100261010027
あまりの悔しさに、鳩待峠から山の鼻、牛首、竜宮からヨッピ吊り橋を経由して再び山の鼻まで一周してきました。左上の写真は竜宮小屋の手前、竜宮十字路付近から撮ったものです。その後、竜宮十字路からヨッピ吊り橋に至るまでの数か所で写真を撮ったので、まとめて報告します。このあたりはかなり乾燥が進んでいるので、ヤマドリゼンマイやササ類、樹木が生えています。ここから見る至仏山はじつに味わいがありますね〜


1010028
ヨッピ吊り橋から牛首の三叉路の途中に池塘がまとまっている場所があります。ここから望む燧ヶ岳も好きです。山の手前に見えるシラカバたちが紅葉したら、それはそれは美しいことでしょう。あ〜、いつかは見たい「燃える尾瀬」ですな。


1010029
今回の訪問で印象に残ったことがあります。それが、池塘に生えるヒツジグサの紅葉。ご覧のような緑のヒツジグサもまだ残っていますが、冒頭の写真のように黄色や赤茶色に染まった葉も数多くありました。水草の紅葉がこんなに感動的だとは想像していなかったので、ちょっと得した気分になれました。樹木の紅葉が見られなかったので、その分の感動をヒツジグサで補ったってところでしょうか。


10100210
何はともあれ尾瀬ミッションを終了し、「今シーズンの感動をありがとう」と尾瀬に言いたいところです。さよなら尾瀬、来シーズン訪問するまで待っててね!


(撮影:2010.9.29/群馬県片品村)

|

« 雨の尾瀬もまた楽し | トップページ | 想像力で遊べ »

山登り・ハイキング」カテゴリの記事

県外の話題」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/37048408

この記事へのトラックバック一覧です: 赤いひつじと緑のひつじ…尾瀬は燃えているか?:

« 雨の尾瀬もまた楽し | トップページ | 想像力で遊べ »