« 日光にいる緑の鹿 霊獣・犀 | トップページ | 錦秋の庭 京都 土門拳 »

紅龍を見失う 気まぐれな秋

1011211
みなさん呑気に写真なんか撮っていますけど、けっこうすごい場所なんですよね〜、ここ。


1011212
崩れ落ちたらどうしようか? なんて不安をよそに崖下を覗く人の多いこと。改めて思い出してみると、観光地には「どう見ても危険な場所」って意外とあるのではないでしょうか。

今回は危険な場所を告発するために書いたのではありません。自然がつくり出した景観には、スリルのある場所が多いということを感じただけです。


1011213
こちらは日光鬼怒川にある龍王峡です。その名の通り、まるで龍が迫り寄ってくるような臨場感があります。じつは紅葉の時季に出かけたのですが、ちょっと早過ぎたようで、この写真を撮った辺りはまだまだ色づいていませんでした。本来なら紅(くれない)のなかに龍を見るはずでしたが、残念です。

どうも今年の秋は紅葉の時期が例年より一週間から10日くらいずれてしまったようです。しかも、急激な冷え込みで紅葉途中で落葉してしまったり、猛暑の影響で鮮やかな色が出ずに枯れ葉になってしまったりと散々な地域もありました。


1011214
訪れたのは11月の上旬でしたが、場所によってはかなり色づいていました。でも、肝心の龍王峡はまだまだという感じ。地元の人の話だと、毎年11月3日の文化の日は色鮮やかな紅葉の最盛期で一番の見頃とのこと。今年は例外中の例外だったようです。ひょっとすると、今年以降もこのような予想外の展開が多くなるのかもしれませんね。

時期を逸した報告です。見てきてからすぐに書けばよかったのですが、すっかり忘れてしまい今ごろになってしまいました。ほかにも季節外れのネタが眠っているのですが、いかがいたしましょう? 気が向いたらズッコケ報告をします。

そう言やあ「ズッコケ」なんて言葉、久々に聞きましたね。いや、書きましたね。これって“死語”でしょうか? ここ数年の会話で友人知人からこの言葉を聞いたことがないような気がします。人々の記憶からこの言葉が消えないように、これからもたまに使っていこうと思います。

以上、余談でした。


(撮影:2010.11.3/栃木県日光市)

|

« 日光にいる緑の鹿 霊獣・犀 | トップページ | 錦秋の庭 京都 土門拳 »

山登り・ハイキング」カテゴリの記事

県外の話題」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

mushizukiさんこんばんは~。紅葉とってもキレイ
ですね!

私が初めて京都へ行ったのは25歳の時と遅めでした。
感受性豊かな青春時代に訪問していないのは、損かなぁとちょっぴり思っています。

土門拳と言えば、被写体の表情に惹きつけられいつも作品から動けなくなってしまいます。
昨年仕事帰りに寄った「日本の自画像 写真が描く戦後」なる11人の戦後写真家の展覧会でもそうでした。
残念ながらお寺シリーズは本ですら見たことがなくて…。先月上京した際、電車に「室生寺」とタイトルされた広告を見かけましたが、時間がなくて行けず…でした。

そうそう、季節はずれのネタなるもの、是非とも
お願いしま~す。
「ズッコケ」の言葉は確かにあまり聞かなくなった?かも知れませんが、私など「えもん掛け」をフツーに使っています、ちょっと古すぎですね…。

投稿: けるとのしんわ | 2010年11月29日 (月) 23時46分

けるとのしんわさん、こんばんは。

土門拳をご存じでしたか! さ、さすがです。

じつは、昔から神社仏閣は好きでしたが、土門拳の古寺巡礼を見てからさらに拍車がかかりました。古い建築物を見ると、その時代に人々がどのように暮らしていたのかを思い浮かべようと必死に想像してしまいます。

ほら、床がすり減ってつるつるになっていたり、扉の引手などが光っていたりするじゃないですか。そんな部分を見ると想像力がかき立てられます。

ほかにも、建築様式や使用されている木材の材質(見てもよくわかりませんが)なども気になります。屋根の下にある垂木の組み方、蛙又(?)や木鼻の装飾を見ると時代が何となくわかるので注目してしまいます。寺院などは破風のところについている懸魚を見るのを趣味にしています。

話題は変わって「えもん掛け」。
知っていますとも、もちろん。母親がよく使っています、今でも。古くさいとは思いつつも、今では「いい響きだなぁ」などと感慨に耽ってしまいます。

それより、赤っ恥をかいたのは「乳母車」です。今の時代は「ベビーカー」と呼ぶそうですね。数年前までこれに子どもを乗せて出かけることが日常だったわけですが、どうしてもベビーカーと発音できず、ついつい乳母車と口走っていました。そんな私に対し…

「ちょと、アンタ! 私の友達の前で乳母車なんて言わないでよ。恥ずかしいから」と真剣に怒られたものです。誰に怒られたかは想像にお任せします。

「そ、そんなぁ、目くじら立てて言うことではないと思うんだけど」と反撃しようと思いましたが、確かにここ数年「乳母車」という言葉を聞いたことがないのに気づき、改心しました。

今ではやっと、あの商品を見て「ベビーカー」と正しく発音できるようになりました。でも、やっぱり響きは乳母車の方がいいなぁ。ベビーカー? 味も素っ気もないじゃないですか、ねぇ。まるでリアカーの変形版みたいで…

投稿: mushizuki | 2010年12月 5日 (日) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/37779759

この記事へのトラックバック一覧です: 紅龍を見失う 気まぐれな秋:

« 日光にいる緑の鹿 霊獣・犀 | トップページ | 錦秋の庭 京都 土門拳 »