« 紅龍を見失う 気まぐれな秋 | トップページ | モールのようなコケ »

錦秋の庭 京都 土門拳

1011241
京都と言えば修学旅行。確かに京都に行ったことは覚えているけど、何を見たのかはよく覚えていません。そんな京都に足を運ぶことになりました。


1011242
出かけたのは臨済宗の大本山・東福寺です。まったく見た記憶がないので、ここは修学旅行のコースには入っていなかったのかもしれません。


1011245
それにしても、人、人、人。こちらのお寺は紅葉がきれいなので人気のようです。通天橋から愛でる紅葉は一見の価値ありとの評判で、朝から大勢の拝観客でごったがえしていました。


1011243
開山堂までの回廊から見る紅葉の美しさは格別でした。回廊が暗く影になっていて、両側からまばゆい赤い光が差し込むような印象です。なんだか不思議な空間を歩いている感じがしました。


1011244
とにかく庭園にはたくさんのモミジが植えられています。これらが一斉に色づいたら確かに見応えのあるものになるはずです。気になるのはこれらのモミジの樹齢。遠い昔からこのお寺にはモミジが植えられていたのでしょうか? そんな無粋なことを考える自分にちょっと嫌気がさしましたが、素朴な疑問がわいてきました。まぁ、風雅を愛する京の人たちのことですから、秋の美を演出するためにモミジを植えるくらいのことは当然やっていたと思います。


10112461011247
10112491011248
1011241010112412
10112413
紅葉も素晴らしいですが、建築物もそれ以上に素晴らしいものでした。縣魚が三つもついていたり、ものすごい鬼瓦がついていたり、驚くような太い柱で支えられていたり…。紅葉を見るよりも建物を見る方に時間をかけてしまいました。木鼻の装飾がとてもシンプルなので、かなり古い時代の建物なのだろうなぁ…なんて想像したりするのがとても楽しいです。


10112414
こちらは長岡京市にある西山浄土宗総本山の光明寺です。こちらもかなりの人出で、観光バスが次から次へと客を降ろして走り去って行きます。


10112415
1011241610112417
こちらも見た記憶がないので修学旅行のコースには入っていなかったのでしょう。このお寺は法然上人ゆかりのお寺ですが、多くの人々はそんなお寺の由緒や歴史には興味がないようで、紅葉ばかりに目が行っていました。でも、人のことは言えません、私もそうですから。


10112418
こちらは平等院。ここは修学旅行のコースに入っていたような気がするのですが、まったく覚えていません。あれ〜? コースに入っていなかったのかも。となると、自分は修学旅行のときに何を見たのでしょうか? 

さて、平等院と言えば鳳凰堂。本来は阿弥陀堂と言うのだそうですが、一般には鳳凰堂という名称の方が耳慣れていますね。私にとっての鳳凰堂のイメージは土門拳という写真家の撮った鳳凰堂です。今回、京都を訪れるにあたって、一番楽しみにしていたのがこの鳳凰堂を見ることであり、写真を撮ることでした。


10112419
『ヒロシマ』『筑豊の子どもたち』などの写真集で知られる土門拳。晩年、ライフワークとして撮り続けたのが寺院や仏像です。その作品は『古寺巡礼』としてシリーズで出版されました。そのなかに鳳凰堂の写真も掲載されているわけですが、それがまた素晴らしい写真なのです。もちろん、そのほかにも仏像の写真が多数あります。その仏像の写真もまるで生きているかのような表情をとらえていて、見るたびにため息が出てしまうほどです。土門拳の写真には言い表せぬ不思議な力があるように感じます。彼の写真を見ると、写真は「写すのではなく、描くもの」なのだなぁと思います。土門拳の写真には遠く及ばないまでも、そんな思いを胸に秘めてシャッターを切っているのですが…写ったものにはいつも「?」マークがついてしまいます。


10112420
それにしても、どこでも誰もが写真を撮る時代になりました。一眼レフを抱えたマニアックなおやじは別として、普通のおばちゃんたちがこぞって被写体に向かってデジカメを構えています。メカに弱いと思われていたおばちゃんたちでさえ、今では楽しそうに写真を撮っているのです。意外にも普通のおやじは写真を撮っていません。どちらかというと、おばちゃんたちの方がデジカメ使用率は高いのではないでしょうか? 

そうなんです、写真がこれほどの市民権を得るとはプロカメラマンも想像していなかったでしょう。芸術か商業写真かスナップかという分類は別にして、広い意味で写真というものがどんな方向に進んで行くのかとても興味があります。


(撮影:2010.11.23/京都府京都市、長岡京市、宇治市)

|

« 紅龍を見失う 気まぐれな秋 | トップページ | モールのようなコケ »

県外の話題」カテゴリの記事

神社仏閣・城」カテゴリの記事

コメント

mushizukiさん、

21日「紅龍を…」へのコメント、本当はこちらへ
まとめて書こうと思っていたのですが、間違えて21日の方へ入れてしまいました。両日の内容に対するコメントではあったのですが…。ごめんなさい。

投稿: けるとのしんわ | 2010年11月29日 (月) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/37828273

この記事へのトラックバック一覧です: 錦秋の庭 京都 土門拳:

« 紅龍を見失う 気まぐれな秋 | トップページ | モールのようなコケ »