« 懐かしさを紡ぐ人たち/Le Sang D’un Poète | トップページ | シャンパンゴールドなきのこ »

きのこ100

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。

ブログタイトルの件ですが、多少の変更を加えて上記のように改名致しました。本来は茨城の自然に加え、別建てで書いているブログ「きのこ」「コケ・シダ」「きのこ」「蛾」などのダイジェストを記すブログにしようと考えていました。ところが目論見を大きく外れてあらぬ方向に向かってしまいましたので、それに合わせる形をとりました。

心境としては「曇りときどき晴れ」ってな感じでしょうか。日常が曇りっぱなしというわけではありません。たまには刺激的で素晴らしい日もあります。なるべく日常の報告はそんな一日の出来事を綴っていきたいと思っています。とは言うものの、やっぱり日常はなにかとストレスも多く鬱積するものがあります。そこで晴れ晴れとした気分になれる自然散策のこともたまに織り交ぜていきたいと考えています。

今後は週一回あるいは月に1〜2回の更新になるやもしれませぬ。今後もどうぞ適当にお付き合い下さいませ。では、本年がよい年になりますように…


さて、本題に移りましょう。

(えっ、本題などあったのか?)

ささやかながら…今年は小さな志を持って臨む年にしたいと一大決心致しました。

(いよっ! どんな抱負でしょ?)

今年はきのこの名前を100種覚える年にしたいと思います。

なぜ、きのこなのか? それは…きのこが好きだからです。じつを言うと昔はまったく興味ありませんでした。ところが、きのこ図鑑を手にして野山に出かけてみると、あるわあるわいろんなきのこが! そこらじゅうの地面から色とりどりのきのこがニョッきり。地面ばかりでなく朽ち木の上や生きた樹木からも生えています。こりゃ、まるで花ですな。

きのこは菌類(カビ)の花だと思ったら「こんなおもしろいものに目を向けないのはもったいない」と感じるようになった次第です。

だって、こんな形をしてるんですよ〜

2011111
手前がきのこの子ども。いわゆる幼菌というやつです。まるでガメラの甲羅みたいじゃないですか! こりゃぁ愉快。


2011112
でもって、こちらが大人。シックな立ち姿が貴婦人のようです(黒柳徹子さんに見えるかも)。単に傘をさしているだけではありませんよー。傘には有名デザイナーさえ思いつかないような模様が入っています。す、すばらすぃ〜。

はて、いったい何というきのこなのでしょう。テングタケ? いやテングタケダマシ? それともイボテングタケ?

悩んだ末にイボテングタケだろうと判断しました。今後、このようなきのこを見つけたらイボテングタケと思うようにします(個人的に)。

間違ってたらゴメンなさ〜い。

そうそう、いずれにせよ上記の三種は毒きのこですから決して食べないでくださいね。お・ね・が・い。

(撮影:2010.10.13/石岡市)

|

« 懐かしさを紡ぐ人たち/Le Sang D’un Poète | トップページ | シャンパンゴールドなきのこ »

きのこ」カテゴリの記事

個人的な思い」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。

今年もお世話になります。

昨年夏以降あまり茨城に触れていないこともあって、楽しみに拝見していました。それと、きのこや粘菌の話しは私には特に新鮮でとっても面白いです。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: takao_bw | 2011年1月 2日 (日) 10時47分

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

当方椎茸は煮ても焼いてもダメなのですが…珍しいキノコや植物の紹介など楽しみにしておりま~す。

投稿: ゴジラ大好き | 2011年1月 2日 (日) 16時37分

takao_bwさん、あけましておめでとうございます。こちらこそ、よろしくお願い致します。

今年はきのこに少し力を入れていこうと目標を立てました。でも、いつ気が変わるかわかりません。そのときは大目に見てやってください。

投稿: mushizuki | 2011年1月 2日 (日) 19時40分

ゴジラ大好きさん、こちらこそよろしくお願い致します。

きのこはお嫌いでしたか、残念です。でも、写真に撮るならいい題材だと思います。ぜひぜひチャレンジしてみてください。

今年は撮影ツアーにぜひ参加させていただきたいと願っています。休日のタイミングが合えばいいんですけど…あとは体調次第でしょうか? 歳をとると疲れが抜けなくって、とほほ。

投稿: mushizuki | 2011年1月 2日 (日) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/38304183

この記事へのトラックバック一覧です: きのこ100:

« 懐かしさを紡ぐ人たち/Le Sang D’un Poète | トップページ | シャンパンゴールドなきのこ »