« 冬筑波、雪筑波 | トップページ | 土の中のもうひとつの宇宙 »

シャワーはいかが? ヌルデタケ

昨日は土浦方面できのこ調査。真冬の寒い時季にも関わらず20種以上のきのこを記録しました。ただし、この寒い時季に発生したものとは限りません。秋頃から残っているものの残骸も含まれています。

寒い寒いと言いますが暦の上ではすでに春。野を歩いていると、確かに春の兆しを感じるようになりました。場所によってはオオイヌノフグリが咲いていたりしますから…


1102141
こちらはヌルデタケ。10ミリにも満たない小さなきのこです。名前からするとヌルデの木に発生するような印象のきのこですが、コナラなどの広葉樹枯木に発生すると図鑑にあります。


1102142
この写真のヌルデタケは桜の枯れ枝に生えていました。傘の裏は細かい管孔があります。まるで園芸用じょうろの口みたいです(見方によってはシャワーの口にも)。なかには雫が垂れているものもあり、ちょっとリアルさを感じさせます。


(撮影:2011.2.13/土浦市)

|

« 冬筑波、雪筑波 | トップページ | 土の中のもうひとつの宇宙 »

きのこ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/38859193

この記事へのトラックバック一覧です: シャワーはいかが? ヌルデタケ:

« 冬筑波、雪筑波 | トップページ | 土の中のもうひとつの宇宙 »