« 猫にあげたい「ファイト一発」 | トップページ | 日本語第六の母音、ふろぼいん »

このドロップは河合君の。佐久間君のじゃないよ

1103291
わが家にカワイ肝油ドロップがやってきました。


小学生の息子の発育が悪いので、かみさんが心配して購入したようです。


自分も子どもの頃(昭和40年代)よく舐めていましたが、体は大きくなりませんでした。きっと息子も同じだろうと思います。


子どもの頃はあんなに好きだったのに、今目の前にあっても舐めようという衝動が起こりません。なぜあれほど好きだったのでしょう?


ドロップの周りについているザラザラした甘いもの(グラニュー糖?)が好きだったのか、それともあのグニュグニュとした食感がたまらなかったのか、はたまた秘密の薬を口にしているという興奮に酔いしれていたのか…


缶のふたを開けた時にほのかに漂ってくる薬っぽい匂いは、妙に子ども心をくすぐりました。黄色い缶に描かれた健康そうな男の子。彼が笑顔で「おいしいよ!」と言っているようで、母親の目を盗んではいくつも口に放り込んでいたのを思い出します。


それほど好きだったこのドロップが、河合製薬株式会社の製品ということをすっかり忘れていた自分。この「うっかり八兵衛的記憶喪失」のことはだいぶ前に書いたブログで報告しました。そのときなぜか自分は「サクマ肝油ドロップ」だと勘違いしていたのです。ドロップと言えば、あの四角い缶に入っているサクマ式ドロップの印象が強烈に残っています。それと交錯してしまったというわけです。


この楕円形の黄色い缶は、紛れもなく「カワイ肝油ドロップ」です。もう二度と忘れません! あんなにお世話になったのに、恩知らずなボクをどうぞお許し下さい。

1103292
子どもの頃、このドロップは鮫(の肝臓?)から造られていると聞かされた記憶があるのですが事実はどうなのでしょう? 気になって同社のホームページを見たら、「魚のタラの肝臓を絞って凝縮した肝油にはビタミンAやDが豊富に含まれ、栄養学的に非常に優れています」という記載がありました。自分は鮫の体から造られているという話にロマンを感じていたのですが、事実は違ったようです。


ちなみに、現在は魚油からではなく日本薬局方に沿って造られたビタミンA・Dを混ぜ合わせた原料で製造しているそうです。


鮫からタラへ、そして魚油から合成(?)へ、私のなかでは肝油ドロップのロマンがどんどん薄れていってしまいます。今も昔も変わっていないのは、黄色い缶の上で微笑んでいる男の子の顔だけでしょうか。あ〜なつかしい



ここ最近、なぜかお薬系の話が多くなっています。


そう言えば、前回報告した「タウリン」の件です。


タウリンをネットの検索にかけると、放射能の体外排出に効果があるとかいうニュアンスのサイトに出会います。本当か嘘かわかりませんが、放射能問題が話題を独占しているこの状況ですから、ひょっとするとあの栄養ドリンクが今後売れまくるということもあり得るかもしれませんね〜

|

« 猫にあげたい「ファイト一発」 | トップページ | 日本語第六の母音、ふろぼいん »

お薬のはなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/39414559

この記事へのトラックバック一覧です: このドロップは河合君の。佐久間君のじゃないよ:

« 猫にあげたい「ファイト一発」 | トップページ | 日本語第六の母音、ふろぼいん »