« ばあちゃん、あの時間どこいっちゃったんでせうね | トップページ | 胸いっぱい吸い込んで!/放射能はダメでも化学物質はいいんだぁ? »

ダンスが好きになる呪文/Kiss Me Kiss Me Kiss Me

1104021

私はダンスが嫌いでした。

踊るのも、見るのも。ついでに演劇も。

ミュージカルは何がおもしろいのかさっぱりわかりません。

なぜ、劇の途中に突然大声で歌いだすのか不思議でした。

大袈裟な身振り、必要以上に大声の台詞、

舞台をあちこち動き回る落ち着きのなさ

どれも気にさわるものばかりです。


「きっと、自分にはダンスやミュージカルを理解する感覚がないのだ」と諦めていました。


そんな自分を変えてくれたのが、The Cure(ザ・キュアー)というロックバンドです。彼らの作品に『Kiss Me Kiss Me Kiss Me』(キス・ミー、キス・ミー、キス・ミー)というアルバムがあります。このアルバムのなかに『Why Can’t I Be You?』という曲が入っています。この曲のプロモーションビデオを見て考え方が一変しました。

1104022

ビデオでは、着ぐるみを身につけたり、顔に色を塗ったり、50年代のアメリカのファッションをした人たちが適当に踊っています。身振りはみんなバラバラで、とてもとても真面目に作ったとは思えない出来映え。でも、それがすごく楽しそうなのです。


少なくとも私にとって、生まれて初めて「ダンスって楽しいものなのかもしれない」と感じさせてくれた作品です。とにかく、何度も見たくなる不思議なビデオクリップです。きっと、曲も踊りに合ったアップテンポのリズムだったことも影響しているかもしれません。


冒頭で踊りや演劇が嫌いだと書きましたが、一部には好きなものがあります。それが保育園・幼稚園児の踊りや演劇です。彼ら彼女らには、うまく見せようとか感動させようという下心が一切ありません。踊るだけ、台詞を間違えないようにするだけで精一杯。でも、一生懸命に踊ったりしゃべったりする姿が感動を与えてくれるのです。


介護施設などでお年寄りのために歌や踊りを披露する園児たちの話を聞きます。そんな園児たちのサービスはお年寄りたちにとても好評だそうです。


お年寄りが喜ぶ気持ちがなんとなくわかります。たぶん、たぶんですが…お年寄りたちをプロのミュージカルや演劇に連れて行っても喜ばないと思います。かえって小さな子どもたちの拙い演技の方が心に響くのではないでしょうか。


今回のどうでもいい話は、ダンスや演劇が嫌いな私に響いたのがザ・キュアーの『Why Can’t I Be You?』のプロモーションビデオだったという話でした。


『Kiss Me Kiss Me Kiss Me』というアルバムは自分にとって思い出深いものとなりました。このあと『Disintegration』というアルバムも購入しましたが、こちらはこちらで趣の違うシリアスな音が凝縮されていて感動しました。

|

« ばあちゃん、あの時間どこいっちゃったんでせうね | トップページ | 胸いっぱい吸い込んで!/放射能はダメでも化学物質はいいんだぁ? »

個人的な思い」カテゴリの記事

趣味の音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/39464978

この記事へのトラックバック一覧です: ダンスが好きになる呪文/Kiss Me Kiss Me Kiss Me:

« ばあちゃん、あの時間どこいっちゃったんでせうね | トップページ | 胸いっぱい吸い込んで!/放射能はダメでも化学物質はいいんだぁ? »