« ダンスが好きになる呪文/Kiss Me Kiss Me Kiss Me | トップページ | 世界一長い臨床試験 »

胸いっぱい吸い込んで!/放射能はダメでも化学物質はいいんだぁ?

110406


ほとんどテレビは見ませんでしたが、この頃は少し見るようになりました。相変わらずコマーシャルは興味深いです。



芳香剤のCMは、何年か前から急激に増えてきたように感じていました。先日見たのは、据え置き型に加えてスプレー型の芳香剤をまき散らしているCMです。「ダブルで匂う」みたいなキャッチフレーズで迫ってきました。だめ押しは「○○ちゃんのお部屋はいい匂い」ってな言葉を発してうっとりしている男性の姿。しかもあんなに吸い込んで…


大丈夫なんだろうか? ほんとうに。


決めつけはよくありませんが、匂いの元は化学物質だと思います。CMのなかでは、その化学成分を一度たりとも“無害です”とは言っていません。繰り返します。大丈夫なんだろうか、ほんとうに。

良い香りで満たされることが「良いこと」「幸せなこと」「心地よいこと」というイメージに直結していませんか。ひょっとすると、人間の潜在意識の中に「いい匂い=いいもの」という方程式ができあがっているのではないかと疑ってしまいます。



匂いに関して言えば、肉体は化学物質の“翻訳機”みたいなものだと思っています。ずいぶん乱暴なたとえですが、そんなものではないでしょうか。


嗅覚細胞にふれた化学物質に応じて、特定の脳内物質が分泌されて信号が伝わっているのでしょう。分泌された脳内物質の種類や量で、いい匂いと悪い匂いが区別されるのだと思います。


ものによってはまったく匂いがしないものがありますが、それは嗅覚細胞にその物質を感知する受容体がないだけなのかも。ということは、匂いとして感じる物質は驚くほど多いわけではないのかもしれません。


もっと妄想を働かせると…
分子構造の一部が特定の形になっていれば匂いとして感じるのではないかと思われます。人間の感覚器官は割といい加減なもので、似たような構造をしているものを感知すると、同じ匂いとして認識することでしょう。


肉体に“誤訳”を起こさせるものが化学物質だと言ったら怒られるでしょうか。現代の生活のなかで、私たちはどれほどの誤訳を繰り返しているのでしょう。さらに誤訳は匂いだけにはとどまりません。味についても巧妙に仕組まれた誤訳物質の罠にはまって「おいしい」とか「もっと食べたい」とか言わされているのだと妄想します。


こんなことを言うと化学物質大反対の急先鋒のように思われてしまうかもしれませんが、そんなことはありません。カップラーメンは大好きですし、化学調味料たっぷりのスナック菓子は大のお友達です。シュワシュワする飲み物だってよく飲んでいます。


じつは、消臭・芳香剤だって使わせてもらっているんですよ〜


昨年のことです。スーツがなんとなく汗臭くなったので、衣類にスプレーする消臭剤みたいなものを試しました(そのスプレーは消臭剤なのに芳香剤が入っています)。
スプレーした瞬間にとてもいい匂いがしたので、さぞかし翌朝は爽やかな気分で出かけられるのだろうと、ちょっと嬉しくなりました。ところが…


朝、スーツに袖を通すと、いい匂いのような変な匂いのような微妙な香りが鼻をくすぐります。汗と芳香剤、それに煙草のヤニの匂いがブレンドされたスペシャルな香りが誕生していたのです。


消臭芳香剤も効かないほど強力な「おやじフェロモン」を発散しているのかと、自分に幻滅しながら会社に出かけたといういや〜な思い出です。


話は変わりますが、芳香剤などの裏書きに「天然由来成分配合」などと書いてあります。これって自然のものから抽出したという印象を与えますけど、ほんとうは違うんでしょうね。確かにその成分は天然物がもっているものと同じものなのかもしれませんが、化学合成しているのだろうと思います。


「天然由来成分」。この一文って効きます。なぜか自然のものというと安心感を与えます。少なくとも体に悪くないものだと思い込んでしまいますから。でも、よ〜く考えれば天然・自然のものでも毒物はあります。だけどそんなことは思い浮かべませんよね、普通。


天然由来成分。いや〜、強烈なキャッチフレーズです。水戸黄門の印籠にも匹敵するのではないでしょうか。



今日の写真は匂いに関連してカメムシ君。一説によると青リンゴの匂いがするとされるオオクモヘリカメムシです。


このブログの記事のカテゴリーに「カメムシTRY!」という項目があります。これは見つけたカメムシの臭いをかいでみたレポートです。つまり、私はよくカメムシの臭いをかいでいるということになります。


ほとんどの人がカメムシと聞くと顔をしかめます。図らずも強烈な臭さの象徴にもなっている悲しい昆虫です。


みなさん、それは先入観ですって!


そう言っても信じてもらえるはずもないでしょうが、臭いをかぎ続けているとあの臭さの中に“いい匂い”がブレンドされているのを感じるときがあります。そうなんです、カメムシの臭いにはさまざまな匂いが混じっているのです。


“匂い”は調合を間違えると“臭い”になります。


これは私が身をもって体験した事実です。言い換えれば“臭い”のなかに“匂い”がある、こともあるということでしょうか。


世界的に有名な某ブランドの香水にはカメムシ臭の成分が含まれているといいますから…


騙されたと思って写真のオオクモヘリカメムシの臭いをかいでみてください。ほんの一瞬、高級ブランドのパフュームの香りを楽しめます。
(ただし、匂いの感受性には個人差がありますので保証は致しかねます)

.

|

« ダンスが好きになる呪文/Kiss Me Kiss Me Kiss Me | トップページ | 世界一長い臨床試験 »

へんてこワールド/妄想の世界」カテゴリの記事

カメムシTRY!」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/39516258

この記事へのトラックバック一覧です: 胸いっぱい吸い込んで!/放射能はダメでも化学物質はいいんだぁ?:

« ダンスが好きになる呪文/Kiss Me Kiss Me Kiss Me | トップページ | 世界一長い臨床試験 »