« 8月、尾瀬はもう秋 | トップページ | 地獄の案内人と薬売り »

尾瀬の白龍

以前、「月光に照らされた尾瀬を見てみたい」とブログに書いたことがありました。


先日泊まりの仕事があったのでその願いが叶えられるのではないかと期待していたところです。


確かに泊まりの仕事は回ってきましたけど当日は雨。時折、雲が切れる時があったので、空を見上げてみると…


そこには想像を超える無数の星が輝いていました。それは今までに見たこともない星空です。茨城で見る星空とはスケールが違いました。宇宙にはこんなに恒星があるのかと驚かされた一夜でした。


残念ながら繰り返し降る雨に空は曇りがちで、ほんの一瞬見えた星空はまるで幻のようでした。仕方なくこの日宿泊した「元湯山荘」にもどり、寝床に転がり込んだ次第です。


1108101

翌朝、目覚めると同時に外に出てみると、不思議な光景が目に飛び込んできました。巨大な白い龍がゆっくりと移動しているではありませんか。


言うまでもなく朝霧が山の麓の林の上を風下に流れているだけなのですが、私にはそれがとてつもなく大きな龍に見えたのです。遥か向こうには朝日に照らされた至仏山が見えます。あと30分も早く起きれば朝焼けの光景が見られたのでしょう。じつに残念です。


1108102

朝霧は陽が昇るとともにあっという間に消えてしまいます。ほんの数分で層の厚さは半分に、十分も過ぎると薄っぺらな雲のようになって漂っているだけ。早起きした者だけが見ることができる尾瀬の白い龍でした。


残念ながら月夜の尾瀬は見ることができませんでしたが、この白い龍を見られただけでも宿泊した甲斐があります。ちなみに前日の雨の影響か、早朝は14℃で肌寒さを感じるほどでした。次に来るときにはもっと早起きをして朝焼けの尾瀬の写真を撮りたいと思います。


(撮影:2011.8.9/福島県檜枝岐村)

|

« 8月、尾瀬はもう秋 | トップページ | 地獄の案内人と薬売り »

山登り・ハイキング」カテゴリの記事

県外の話題」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/41149094

この記事へのトラックバック一覧です: 尾瀬の白龍:

« 8月、尾瀬はもう秋 | トップページ | 地獄の案内人と薬売り »