« 檜枝岐に龍を見た | トップページ | 赤富士と白い花 »

樹皮に潜んだ万能細胞?

1110121

尾瀬を歩いていて不思議なものを目にました。


つる性の大きな植物が木に巻き付いているのかと思いました。しかし、よく見ると明らかに樹皮の一部分から伸びています。


何かしらの寄生植物? いや、違います。


いわゆる根っこのような感じ。植物のなかには板根、支柱根、気根、呼吸根、水中根という具合に、さまざまな形態の根っこを生やす種類があるそうです。


1110122

ダケカンバでしょうか。この木は樹皮が大きく剥がれています。その一部分、残された樹皮の端の部分が変形して根のような形態に変化しています。


これはまさに植物の逞しさ、臨機応変の対応力を感じさせる生体反応ではないでしょうか。今話題の万能細胞が樹皮に備わっているのではないかと思わせます。さすがに古代から連綿と命をつないできているだけあって、驚異的な能力を隠し持っていると言えそうです。


樹皮を根に変えて生きていく。この姿に生命の強力なメッセージが込められていると感じるのは私だけでしょうか?

(撮影:2011.8.9/福島県檜枝岐村)

|

« 檜枝岐に龍を見た | トップページ | 赤富士と白い花 »

へんなもの」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

県外の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/42456631

この記事へのトラックバック一覧です: 樹皮に潜んだ万能細胞?:

« 檜枝岐に龍を見た | トップページ | 赤富士と白い花 »