« 樹皮に潜んだ万能細胞? | トップページ | 七色絨毯、桂のかほり »

赤富士と白い花

1110161

富士山の五合目より少し下に「奥庭」という場所があります。ここは天狗が遊んだ庭ともいわれ、ちょっと不思議な風景が広がっています。人の背丈ぐらいのカラマツやコメツガ、ダケカンバが生えていて、まるで庭ごと盆栽といった雰囲気です。


ここの標高は2150mくらい。富士山の森林限界は2400mくらいと言われているようなので、奥庭は森林限界よりも少し下みたいです。でも、背丈の低い樹木から森林限界が近いことを感じますね〜


間近から富士山を仰ぎ見ると赤い肌をしているのがわかります。その色はいかにも溶岩の色といった雰囲気です。


1110162

訪れた日は天気がよくなかったので雲が広がっています。雲海の上に姿を現した遠くの山々の頂を見ると、高い山を征服したアルピニストの気分が味わえます。


1110163

標高2150mの奥庭から「お中道」という道を経由して「御庭」と呼ばれる場所に出ます。このあたりは子どもの身長くらいのダケカンバやカラマツばかり。地を這うように生えている様子を見ると、このあたりの過酷な環境とそれに耐えながら繁殖を重ねている樹木の生命力を感じます。


少し上に目をやると、樹木が山頂を目指して登っているようにも見えます。噂によれば、温暖化の影響で富士山の森林限界が少しずつ上に上がっているとか…


「御庭」周辺を歩いて感じるのは、やけにカラマツが多いということ。聞いたところによると、御庭あたりの標高だと本来はハイマツが生えていてもいいらしいのですが、なぜかカラマツばかり。これはどういう理由なのでしょうか。


1110164

さて、溶岩の斜面に逞しく根を生やす樹木の根元には、ところどころに白いものが密集しています。遠くからだと小さなカリフラワー畑にも見えてしまいます。


これは明らかに地衣類の群落。たぶんハナゴケと呼ばれるものの仲間だと思います。


1110165

詳しくはわかりませんが、ミヤマハナゴケかもしれません。近くで見ると海綿のようにも見えますね〜


1110166

地衣類のなかには樹状の形態を見せる種類がいくつかあるようです。


1110167_2

こちらは御庭から富士山五合目駐車場に至る道で撮影したもの。このあたりは紅葉真っ盛りでした。


(撮影:2011.10.13/山梨県鳴沢村)

|

« 樹皮に潜んだ万能細胞? | トップページ | 七色絨毯、桂のかほり »

地衣類」カテゴリの記事

山登り・ハイキング」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

県外の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/42540808

この記事へのトラックバック一覧です: 赤富士と白い花:

« 樹皮に潜んだ万能細胞? | トップページ | 七色絨毯、桂のかほり »