« なんでブログが更新されないんだろう? | トップページ | 冬の森、白いドレス »

白い星降る奥日光

1202041
先月、奥日光に行ってきました。


場所は光徳牧場。


その日は雪が降っていていたのですが、なぜか暖かく感じました。


降る雪は大粒で、服の上に落ちた粒が融けずにいつまでも残っています。じっと見つめると、肉眼でも結晶がはっきりと確認できました。懐かしい雪印マークに似たものや、家紋のような形、手裏剣のように鋭く尖ったものなど、見ているだけで飽きないくらいたくさんの種類が確認できました。雪の場合、どれも六角形なのは結晶構造の法則で当たり前らしいのですが、自分の目で再確認するとちょっと感動します。


雪ばっかりに見とれているわけにはいきません。この日はクロスカントリーをしにきたのです(なぜか仕事で…)。

1202042
吹雪にはほど遠いですが、そこそこ雪が降っていました。そのような天気にも関わらず、クロスカントリーをする人たちはとても楽しそうです。なかには「いい天気ね」という人もいました。


確かに、青空と白い雪のコントラストは目に鮮やかな風景に映ります。しかし、この日のような天気は、晴天時には見られない幻想的な風景を創り出してくれます。きっと、「いい天気ね」と言った方はそのことを指していたのではないかと感じました。


1202043
光徳牧場にはクロスカントリー用のコースがあります。そこにはズミの大木を抜ける区間があり、まるで白いアーチをくぐり抜けていくような感じがしました。


1202044
流れの左側にあるのはズミの木です。自分は戦場ヶ原に生えているあまり背の高くないズミの印象が強く頭に残っていたので、こんな大木になるとは思ってもいませんでした。


1202045
雪を被ったカラマツ林を抜けるのは、なかなか気分がいいものです。林立する幹の間から遠方の景色がチラチラ覗くところなど、巨大な舞台装置にも思えてしまいます。自然が作り出す気の利いた演出を見逃さないように、のんびり歩くと楽しさはさらに増すのではないでしょうか。


1202046
さて、今冬は日本海側で大雪になっていますが、日光そして奥日光とも積雪量は前年より遥かに少ないそうです(1月の時点で)。湯本のスキー場は、1月19日の降雪で、リフトがやっと三本稼働するようになったと言っていました。


(撮影:2012.1.21/日光市)

|

« なんでブログが更新されないんだろう? | トップページ | 冬の森、白いドレス »

山登り・ハイキング」カテゴリの記事

県外の話題」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/43988119

この記事へのトラックバック一覧です: 白い星降る奥日光:

« なんでブログが更新されないんだろう? | トップページ | 冬の森、白いドレス »