« そこそこの旅、ぎりぎりの旅/各駅停車で行く松本〜名古屋〜伊勢 一泊二日 | トップページ | 山越え、谷越え、奈良井宿 »

松本城の背後にある幻の城

1203181
前回からの続き、「そこそこの旅、ぎりぎりの旅」の第二部です。各駅停車で行く松本〜名古屋〜伊勢 一泊二日の行程を時間とともに追ってみます。



朝5時に常磐線下りの始発に飛び乗り、東京を経由して中央本線で神奈川、山梨を通過して長野へ。長野から岐阜、愛知、そして三重へ向かいました。往復だとどれくらいになるのでしょうか? 1000キロまではいかないかもしれませんが、一泊二日で7〜800キロは移動したと思います。


初日の朝はみぞれ混じりの雨。午前4時半頃に家を出て、冷たい雨に打たれながら駅に向かいました。改札口でS君と落ち合い始発に乗り込みます。車内はがらがらかと思いきや、土曜日のためかそれなりに乗客がいました。


途中で夜が明けてうっすらと明るくなるも、どんよりとした雲に覆われた空は、とても旅立ちの朝を祝福してくれるようなものではありません。しかし、そんな重苦しい気持ちを引きずりながらも、非日常的な時間が始まったことに期待感が徐々に膨らみます。


7時7分。雪がちらつく新宿から中央本線に乗り込み、8時1分に高尾で甲府行きの電車に乗り換えます。その頃になると、ようやく東京の雑踏を抜けて落ち着きを取り戻しました。


1203182
車内に貼ってある路線図は、見慣れた常磐線のものとはまったく違うものです。そんな些細なことが新鮮で刺激的でした。


1203183
途中、山梨の塩山で特急列車の待ち合わせがあったので、車外に出て写真を数枚撮影。ちょうど相模湖を過ぎたあたりでしょうか、山梨に入ってから雪が強く降り始めましたが、塩山あたりには雪がありませんでした。


塩山を発ったあと、甲府で再び乗り換え一気に松本へ向かいます。途中は雪の積もった冬景色。小淵沢あたりは特に積雪量が多かったように思います。


1203185
1203184
松本駅前です。地方都市らしい景観に親しみを感じます。我が茨城県の県庁所在地・水戸に似ているような気がします。


さっそく松本城に向かいますが、路線バスを乗り間違えてあらぬ方向に向かってしまいました。時間がないので、降車後すぐにタクシーをつかまえて松本城へ。ものの10分もしないうちに到着となりました。


1203186
初めて見る松本城。漆黒の板壁が、雪を被って一段と鮮やかに見えます。国宝ということもあって存在感が際立っています。しかし、私にとっての第一印象は意外にも小さな城というものでした。


この松本城、以前は深志城と呼ばれていたそうです。現在の松本城は、深志城を大修築したものであるので、以前の城とはだいぶ違っているようです。そもそも深志城は、戦国時代の信濃守護・小笠原氏の本城(林城)を守る支城の一つに過ぎなかったといいます。典型的な山城で大規模だった林城に対して、深志城は平城であり支城という理由もあってか小規模なものだったのだと想像できます。そんな話を耳にすると、林城を見たくなりますが、残念ながら今は遺構しか残っていないそうです。ちなみに林城址は松本駅から徒歩1時間ぐらいの場所(松本市里山辺)にあるそうです。


松本城は地元の人たちからは烏城とも呼ばれているそうですが、黒い容姿は確かにカラスを連想させます。黒い城は戦国時代には珍しくなかったようですが、時代を経て白塗りの城が主流になっていったといいます。


1203187
この黒を見ていて、ふと思ったことがあります。黒は熱をよく吸収するので、冬は少しでも太陽熱を吸収して暖かくするのに効果があったのかもしれないということ。屋根の雪を融かすまで効果があったかは疑わしいですが、多少は融雪にも効果があったのかもしれないと勝手な想像をしました。


本心を言うと城の内部までゆっくり見たかったのですが、時間の都合上、外からの見学のみで城を後にしました。歩き始めると松本駅は意外にも近く、バスやタクシーを使わなくてもいいと思えるほどでした。


1203188
今回の松本城訪問で、旅には思い切った割り切りが必要だということを実感しました。本来ならのんびり城を見た後に市街を散策して2〜3時間は滞在したいところ。しかし、次の奈良井宿に行くにはどうしても1時間しかとれません。というわけで、松本城の天守内部の見学は次回にすることにしました。おかげでまた松本に来なければならなくなりました。いつ来られるかわかりませんが、楽しみを取っておくというのも旅土産の一つなのかもしれないと自分に言い聞かせた次第です。

次回へつづきます。

(撮影:2012.3.10)

|

« そこそこの旅、ぎりぎりの旅/各駅停車で行く松本〜名古屋〜伊勢 一泊二日 | トップページ | 山越え、谷越え、奈良井宿 »

撮影ツアー・旅」カテゴリの記事

県外の話題」カテゴリの記事

神社仏閣・城」カテゴリの記事

コメント

mushizukiさん、こんにちは。
久しぶりにコメントします。

私も先日、伊勢に行ったんです。10日のお昼をはさんだ2~3時間ほど、神宮参拝したりお昼を食べたりお茶していました。
mushizukiさんの参拝はスケジュール的に翌日だったのだろうなぁ…?と思いながらブログの続きを楽しみにしているところです。伊勢にいた日にちがあまりに近くビックリでした。

ついでですが、山梨の塩山…
ちょうど1ヶ月前に親族で勝沼に旅行した際、塩山で(駅で食べたのではないですが)お蕎麦を食べました…ほうとうでなくお蕎麦でした…。

ではまた…。

投稿: けるとのしんわ | 2012年3月19日 (月) 15時44分

けるとのしんわさん、こんばんは。

お久しぶりです、お変わりありませんか?

伊勢参りの件、奇遇ですね。ちょっと驚きです。

近くに行くので連絡をしようかと思いましたが、お茶する時間もとれなそうだし、突然じゃ失礼だと思いやめました。

伊勢に行った11日はとても天気がよく最高でした。詳しくは次回に報告します。

では、また。

投稿: mushizuki | 2012年3月20日 (火) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/44543656

この記事へのトラックバック一覧です: 松本城の背後にある幻の城:

« そこそこの旅、ぎりぎりの旅/各駅停車で行く松本〜名古屋〜伊勢 一泊二日 | トップページ | 山越え、谷越え、奈良井宿 »