« なぜ、親子は恐山を目指すのか? | トップページ | その花に雅な薫りあり。 »

高貴なスゲだったのね

1207011

見慣れないスゲの一種を目にしました。

名前はジョウロウスゲです。

漢字では「上臈菅」と書くようです。

上臈とは、簡単に言うと身分の高い人や年功を積んだ高僧のことを意味するようです。平安時代中期以降、官人社会において一臈・二臈・三臈という具合に、任官・叙位の順番がつけられていたとか。また、先に任ぜられた者を上臈、後から任ぜられた者を下臈と呼んで区別したそうです。いわゆる先輩後輩という序列なんでしょうかね?

官位の話は別にして、あまりお目にかかれない植物なので話題にしてみました。

聞いた話によると絶滅危惧種だそうです。


(撮影:2012.7.1/土浦市)

|

« なぜ、親子は恐山を目指すのか? | トップページ | その花に雅な薫りあり。 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009500/46078039

この記事へのトラックバック一覧です: 高貴なスゲだったのね:

« なぜ、親子は恐山を目指すのか? | トップページ | その花に雅な薫りあり。 »