巨大な龍の背中に乗って

先日、友人と筑波山に登ってきました。登ったと言うと聞こえはいいですが、ロープウェイを使って女体山の山頂付近まで上がっているのでプチ登山です。


1005201
これは女体山頂からの眺めです。筑波山に連なる山並みを望むと、まるで巨大な龍の背中に乗った気分になります。というよりも、筑波山が南端なので頭の上に立っているような感じでしょうか。そう考えると、なんだかとてもいい気分になります。

ぼうや〜よい子だ ねんねしなnote 今も昔も変わりなく〜note

な〜んて歌が聞こえてきそうです。でんでん太鼓を手にした童を乗せた龍が頭の中を横切りました。


1005202
筑波山は双耳峰。男体山と女体山という二つの頂を持っています。ツインピークスと言うとカッコいいかもしれません。男体山は標高871メートル、女体山は877メートルです。この写真は女体山から男体山を望んだものです。

かなり水蒸気が立ち上っていて視界が不鮮明ですが、麓の街並が手に取るようにわかります。人の暮らしと隣り合わせの「ちょっと高い里山」という感じです。少し目をずらすとつくばの中心街も丸見えですよ〜


10052031005204
さて、この日の目的は花の撮影。シソ科のヒイラギソウを撮りたいという友人のお伴をしたわけですが、私もなにか撮ろうと物色してみることに…

(左がヒイラギソウ、右はツクバネソウです)


1005205
トカゲを撮ってきました。尻尾の方に青い線が入っているので子どもですね。


(撮影:2010.5.17/筑波山)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

キケンな斑模様

1005061
ここに何が写っているでしょうか? すぐにわかった方は危険回避能力が高いかもしれません。


1005062
こちらの写真の方がわかりやすいかもしれません。

毒蛇のマムシです。体全体にちりばめられた怪しい模様には危険な香りが漂います。この独特の模様に警戒心を抱くのは本能なのでしょうか、それとも学習によるものなのでしょうか。

マムシの全体像を見たのはじつは初めてです。岩陰に隠れた体の一部、あるいは逃げ去ったときの体の後部部分しか見たことがありません。今回は大胆にも私を待ち構えるように、息をひそめていたところを発見しました。

こちらが先に気づいて本当によかったです。迂闊に尻尾でも踏もうものなら、今ごろブログなどは書いていなかったでしょう。写真を撮るときにもビビりまくりでした。急に鎌首を翻してこちらに飛びかかってきたらどうしよう…と、へっぴり腰の撮影になったことは言うまでもありません。ヘビが嫌いなわりには、へんなチャレンジャー精神を発揮してしまいました。

マムシって噂通りに“ずんぐりむっくり”したヘビでした。普通のヘビならスラーッとしているのに、どこか寸足らずのような印象です。頭部は本当に三角形に近い感じ。えらが張っていて恐そうでした。鼻先にピットという器官があると聞いていたのでもっと近づいてじっくり観察したかったのですが、さすがに自分自身の警報アラームが大音量で鳴り響いたのでブレーキがかかりました。

それにしても完璧な保護色ですね。今回は運良く気づきましたけど…次回はお会いしたくない気分です。


(撮影:2010.5.1/土浦市)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

小さくて、ホントよかった。

1004291
カナヘビです。小さくてよかったと思うは虫類のひとつです。近くで見ると本当に恐竜みたいです。もし、何メートルもあったら怖くて仕方がありません。

巨大化したカナヘビやヘビが襲ってきたらどうしよう…。自分はよくそんなことを考えてしまいます。そんな妄想にとらわれることってありませんか? こんな目で睨まれたら、私はカエルになってしまいそうです。あっ、脂汗が…


(撮影:2010.4.19/石岡市)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

ミントブルーの瞳

0909071
ヘビは大の苦手です。それなのに写真を撮りました。

瞳がパステル調の色彩だったからです。怪我でもしてこんな風になったのかと思いましたが、もう片方の目も同じでした。もしかして、お年寄りのため目が老化してこんな色になったのかしら?

ヘビの種類はアオダイショウだと思います。よく見ると可愛げのある顔をしてます。目つきの悪いシマヘビとは大違いですね〜


(撮影:2009.9.1/桜川市・旧真壁町)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

じつを言うと

0807171
ヘビは苦手です。不意に出会ったら悲鳴を上げるかもしれません。それくらい恐いです。写真からもわかる通り、近づくのはこれが限度かもしれません。ヤマカガシですから、本気で噛まれたら死んでしまいます。

話によると、マムシの毒とは化学的組成がちょっと違うそうです。単純には比較できないそうですが、マムシ毒より致死率が高いとのこと。マムシと違ってヤマカガシの毒腺は口の奥にあるそうなので、思いっきり噛まれなければ大丈夫だそうですが、やっぱりこわ〜い。


(2008.7.2/石岡市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恐竜みたいでかっこいい

0806071
カナヘビです。茨城ではほとんどの人がトカゲと呼びます。なぜなんでしょう、いつも不思議に思っています。何を隠そう、自分も子どもの頃は当たり前にトカゲと言っていました。

他県ではちゃんとカナヘビと呼ぶのでしょうか? とても知りたいです。


(2008.5.28/石岡市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)