デッドヒート

0911301
もはや死語ですね、この言葉。ここ数年、他の人が口にしているのを聞いたことがありません。今風に言うなら“エキサイティング”でしょうか?

左にいる黒い虫はヨコヅナサシガメの幼虫です。右の毛虫を追いかけて、鋭い口吻でずぶりと刺して体液を吸おうとしています。追いつ追われつ…動きはとてもスローですが、目を離せないスリリングな展開です。これを形容して「デッドヒート」。完全にオヤジの発想ですな。

さて、結末は意外や意外。毛虫が難なく逃げ切りました。サクラの樹皮上にいたこの毛虫が害虫ならば、ヨコヅナサシガメはその天敵(益虫)でしょう。数年前(いや、もっと前?)から、茨城でもたくさんのヨコヅナサシガメを見るようになりました。これだけ増えたのですから、さぞかしサクラの害虫は減ったのではないでしょうか。

ところが、このヨコヅナサシガメの幼虫がジョロウグモの卵のうを口吻で刺して、なかの卵のエキスを吸っているという噂を耳にしました。まだ、ほんの少数の幼虫たちが、おいしい餌のありかを見つけただけのようです。そのうちどんどん情報が広がって、ほかの幼虫たちも同じことを始めるのではないかと心配しています。

蜘蛛は嫌われ者ですが、害虫を捕まえてくれます。そんな益虫(蜘蛛は虫ではないですが)の存在を脅かすことになりかねないと今から心配しています。下手をするとジョロウグモの数が半減、いや激減する可能性もあります。来年以降のジョロウグモの生息数には注意を払わなければなりません。


(撮影:2009.11.7/石岡市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上四方固めで一本!

0911141
柔道が得意な蜘蛛の写真です。ちなみにこれは交接のようす。蜘蛛は昆虫のようにお尻とお尻をくっつける交尾をするではなく、触肢(オスの生殖器)から外雌器(メスの生殖器)に精子を送り込みます。

撮影時のことは蜘蛛のブログに書いてありますので、興味のある方はこちらへどうぞ。


(撮影:2009.10.9/石岡市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

珍種マメイタイセキグモ

0909171
珍しい蜘蛛を見つけました。でこぼこボディのマメイタイセキグモです。茨城での発見報告は聞いたことがないので、ひょっとすると茨城初かも?

もともと南方系の蜘蛛のようです。2005年には埼玉県で卵のうが見つかったことがあるらしいのですが、今回の発見で北限が更新されることになるのかもしれません。

詳しくは蜘蛛ブログで報告していますので、興味のある方はそちらへどうぞ〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緑色の大きな蜘蛛

0907161
コケオニグモは比較的珍しい蜘蛛だと思います。県南部では石岡市で確認していましたが、筑波山でも発見しました!

人家の周りなどではまず見ない蜘蛛です。とくとご覧下さい。詳しくは蜘蛛のブログ「クモ探検隊」で報告しておりま〜す。


(撮影:2009.7.15/つくば市・筑波山)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衝撃の再会、コケオニグモ発見!

0904071
すっごい珍しい蜘蛛を発見しました。一昨年に一度見たきりで、茨城県南部ではもう二度と見られないと思っていた蜘蛛です。見られたことが奇跡だと思ったくらいでしたから。

えっ、名前ですか? コケオニグモです。どうです。きれいでしょう、美しいでしょう。ね、ね、ね。


0904072
日本中でコケオニグモのことを考えている人なんて、十人いるかいないかではないでしょうか(もしかすると100人くらいいるかも。蜘蛛の研究者もいますので…)。

見つけたのは一昨年発見した場所のすぐ近くなので、もしかすると繁殖しているのかもしれません。今回は3匹見つけたのでその可能性はあると思います。久々に大興奮してしまいました。

なお、この件に関しては蜘蛛のブログでも報告しています。


(撮影:2009.4.3/石岡市)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

おめめシリーズが始まりました

0801071
とは言っても、このブログではありません。別に書いている「クモ探検隊」の方です。

蜘蛛は8つ眼ということはどなたでもご存じでしょう(じつは6つ眼、4つ眼の蜘蛛もいます)。しかし、その並び方は種類によって意外と違っているのです。それを検証しようかと思って始めてみました。

蜘蛛はお嫌いな方が多いので、このブログではお知らせに留めますが、しみじみと蜘蛛の顔を見るのもいいかもしれませんよぉ〜(ウソ、ウソ、冗談です)。まっ、興味のある方だけいらしてくださ〜い。

*写真はカニグモ科のガザミグモ。今年の初めに撮影したものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネコは元気だ

0811281
蜘蛛をあまり見かけなくなりました。寂しいかぎりです。かろうじて寒さに耐え抜いたジョロウグモが、わずかに生き残っています。そんなジョロウグモを横目に、元気に飛び跳ねている蜘蛛がいました。ネコハエトリです。

ハエトリグモの仲間には、厳寒の頃でも姿を見かけるものがいます。もちろん、ぽかぽかと温かい日のことですが…。そんなことを思い出し、ハエトリグモがとっても身近な存在に思えてきました。こんな地味な服装ですが、なかなか愛嬌のある奴なんですよ〜。


(2008.11.23/つくば市・つくば植物園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青の曲芸師

0811206
どこらへんで出そうか悩みました、蜘蛛の写真。今日は3つ更新する予定なので、真ん中にはさんでみました。

こちらはコガネグモ科のアオオニグモ。青と言いますが、どう見ても緑です。昔は緑のことを青と表現した云々とどこかで耳にした記憶があります。そんなここともあり信号の緑を青というのだとか…。

さて、このアオオニグモは何をしているのでしょう。蜘蛛に聞いてみないと本当のことはわからなそうです。それにしても美しい蜘蛛です。私、このアオオニグモはけっこう好きです。ちなみに、茨城県南部でもよく目にします。珍しいとは言いませんが、個体数はそれほど多くないです。


0811207
こちらはアシナガグモ科のメガネドヨウグモです。茨城県南部では、山の方に行くとよく目にします(平地にもいます)。


0811208
サラグモ科の蜘蛛であることは間違いありませんが、種名までは確定できません。近くにはユノハマサラグモの幼体がたくさんいましたが、写真の蜘蛛だけ明らかに模様が違っていたので撮っておきました。いったい何サラグモなのでしょう?


●県北撮影ツアー/花園渓谷・花貫渓谷編[その7]
(2008.11.16/北茨城市)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

うぐいす色に見える蜘蛛

0811151
なぜか清流のあるところに行くとこの蜘蛛を見かけます。自然度の高い場所に生息する種らしいです。なんだか「山が好きだ」と、この蜘蛛は言っているような気がします。

そうそう、「蜘蛛なんてどうでもいいじゃな〜い」と多くの人は思うでしょう。でも、世の中にはそんなものを見ている人もいるのです。

まさに、どうでもいい話でした…。あっと、忘れました。この蜘蛛の名前ですが、きっとスジアカハシリグモだと思います。たぶん、ご存じの方は少ないと思います。ましてや、見たことがある人などなおさらでしょう。


(2008.10.12/常陸太田市・旧里美村)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

図鑑に載っていない蜘蛛

0811141
たまにはホットな情報も…

昨日、お昼休みに公園で見つけた蜘蛛です。「カメラ持っててよかったぁ〜」とつくづく思います。えっ? なぜかって、それは幻の蜘蛛だからです。

詳しくは蜘蛛ブログ「クモ探検隊」でご報告しておりま〜す。


(2008.11.13/つくば市)

| | コメント (2) | トラックバック (0)