雀のお宿と不出世の詩人

1102211
群馬県碓氷郡磯部町(現安中市磯部)は、かの有名な昔話「舌切り雀」の発祥の地とのこと。自分がこのことを知ったのはつい最近のことでした…

昨年から今年にかけて群馬県に出向くことの多かった自分。お話の発祥の地に出かけたのは一か月ほど前のことです。その際に宿泊したのが「舌切雀のお宿」と自ら称する磯部のホテルです。その施設内には小さな展示コーナーがあり、数人の芸術家の作品や「舌切り雀」にまつわる展示品が並んでいました。


1102212
こちらは舌切雀神社の宝物です。この鋏で雀の舌を切ったのかどうかは定かではありませんが、かなりの年代物ではあるようです。舌切雀神社はホテルからそう離れていない磯部詩碑公園内にある神社。時間があれば散歩がてら歩いてみたいと思いましたが、時間がなく訪れることはできませんでした。


1102213
こちらの紳士の写真を見てかなりの衝撃を受けた自分。この方とこんなところで再会するとは夢にも思いませんでした。彼の名前は大手拓次、磯部出身の詩人です。有名ではありませんが、優れた詩人の一人であると私は思います。じつは若い頃、彼の詩集をよく読んでいました。

上州・群馬出身の詩人と言えば萩原朔太郎でしょう。詩集『青猫』『月に吠える』はあまりにも有名です。そもそも私が大手拓次という詩人を知るきっかけとなったのは朔太郎と彼の間に親交があったから。官能的かつ視覚的な朔太郎の詩に魅力を感じた自分は、朔太郎が「影響を受けた」と話す大手拓次がどのような詩人なのか知りたくなったわけです。

大手拓次の詩はとても繊細で、妙に琴線に触れたことを覚えています。たまに思いもつかない比喩があったりしますが、なぜかしっくりと心にとけ込んでくる不思議な詩を書く人でした。

とても素敵な詩を残した詩人ではありますが、知名度はそれほど高くありませんでした。彼の作品のクオリティを考えると、不出世の詩人と思えてなりません。そもそも彼は超がつくほどの恥ずかしがり屋だったそうで、有名になろうなんてことは考えなかったのかもしれません。今で言うサラリーマンをしながらずっと詩作をしていたそうですから…

そう言えば、ホテルの人の話だと宿泊した「磯部ガーデンホテル」は大手拓次の大叔父が創業したとか。


1102214
さて、ほかにはこんな写真も展示されていました。疎開中の子どもたちの写真です。戦時中でありながらも、子どもたちには笑顔が見られます。緊張と逼迫の時代であった当時、子どもたちのこの笑顔は大人たちにとって救いになったのではないかと想像します。それにしても、このような写真をよくぞ撮り残しておいたものだと感心します。きっと、この地域には空襲はほとんどなかったのでしょう。そうでなければ写真を撮る余裕なんてないでしょうから。


(冒頭の写真は伊香保町にある五徳山水澤観世音です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬こそ奥日光? 雪上の小冒険と大発見

昨日は関東地方さえも大雪に見舞われるだろうと報道されていました。そんな日に奥日光まで出かけてきた私。帰ってみると、我が茨城県南部の降雪は予報ほどではありませんでした。出かける前の私にとっては関東の大雪はもちろん、目的地の奥日光の降雪が心配でした。

で、奥日光はどうだったかというと…


1102111_2
ちらちら、たまにしんしんと雪が舞い降りるという感じ。聞いた話によると、奥日光の天気は日本海側の新潟(栃木寄りの地域)と同じになることが多いそうです。わかりやすく言うと、奥日光は日本海側の気候ということらしいです。おもしろいのは、わずか5〜6キロしか離れていない中禅寺湖周辺の日光市街は太平洋側の気候とのこと。「この両地域は驚くほど積雪量が違う」と、ある本に書いてありました。

そして、こんな景色を見ながら、何をしたかというと…


1102112_2
橇(かんじき)のようなものを履いて雪の上を歩くスノーシューハイキングをしてきたのです。ちなみに、今回踏破したのは湯滝をスタートして泉門池(いずみやどいけ)で折り返してもどってくるコースです。

「なにもこんな寒い時季に、わざわざ雪の上を歩かなくたって…」と言われそうですが、寒くないと雪はないし、冬だからこそ見られる風景があるわけです。通常の季節ですと奥日光は歩けるコースが定められていますが、雪の積もるこの時季ならスノーシューで好きなところを歩けるのも大きな楽しみでしょう。

行け、行け、GO! GO!  誰も歩いていない場所にどんどん足跡を付けちゃおう。

キュッキュッ、ザクッザクッ、雪を踏みしめる音のなんと心地よいことか!


1102113_2
あらゆる音が足元の雪に吸収されているのかと思うほど森の中はとても静かです。いろいろな動物の足跡を見つけるたびに、寒い冬の森で暮らしている動物たちの息づかいを感じます。すべてが眠ってしまっているような時間に元気に走り回っている小動物。その姿を想像すると微笑ましくもありますが、厳しい環境のなかで必死に生きている逞しさに感動してしまいます。

さて、これは何でしょう?


1102114_2
ワカメの束でも干してるの? って感じですが、こちらはアズマシャクナゲの冬の姿。落葉させずに図太く緑の葉を吊るして耐えている様子に、何らかの戦略を感じずにはいられません。


1102115_2
葉の表面から裏側に反り返るようにしてくるりと丸まってストロー状になっています。気温は間違いなく氷点下になるはずです。葉の中の水分は凍らないのでしょうか? 凍っても細胞は壊れないのでしょうか? 

次から次へといろんな疑問が湧いてきます。植物も逞しいな! 答にもなっていない結論で自分を納得させながら歩き続ける自分。

歩きながらふと思ったのが、足元に深く積もる雪のこと。考えてみれば、形は違えどこれはぜ〜んぶ水。液体の水に換算したら、いったいどれほどの水量になるのでしょう? このことを考えたら妙な感動が胸に込み上げてきました。


1102116
話は変わりますが、銀世界がどこまでも続くと色がついているものに自然と目が留まります。それが樹木の幹にくっついているコケ(地衣類)です。自分は普段から気にしているせいか特に目に入ってくるのかもしれません。この極寒の世界で静かに生きている地衣類を見ると、生きものって不思議だなぁと思わずにいられません。

ちなみに、写真の地衣類はウメノキゴケ科のセンシゴケの仲間だと思います(というか、センシゴケそのものかも)。個人的にこの地衣類は好きです。地衣類と言うと樹木にピタッと張り付いて二次元的な様相を呈しているものがほとんど。そんな平面的な姿のなかにデザイン的な意匠を感じさせてくれるのがこのセンシゴケです。コケ模様と言ったら変ですが、こんなデザインの洋服があってもいいのではないでしょうか? アレンジ次第ではサイケデリック調になるし、日本の家紋的にもなります。さらにグロテスク調の図案で迫ってもおもしろいかもしれません。「え〜っ、気味悪いよ〜」とおっしゃる方が多いかもしれませんけど、色をオレンジや黄色、はたまたピンクにしたらかなり雰囲気は違ってくると思います。どなたか新鋭のデザイナーさん、コケティッシュデザインとか命名して不思議模様の洋服を作ってくれませんかね。


1102117
はい、こちらは折り返し地点の泉門池です。天気がよければ山が真っ正面に見えるのですが…残念です。池ではマガモの夫婦が仲よく泳いでいました。

今回のスノーシューハイキングにはガイドさんが同行してくれました。案内してくれたのが(有)自然計画の宮地信良さんです。ためになる話や楽しい話を聞かせてくれたほか、意外な自然の姿を教えてくれました。


1102118
「目から鱗」だったのが木の根元の雪の窪み。定説では樹木が発する熱(生きているので代謝の際に熱が発生する…みたいな理由)で雪が融けて窪みになると言われています。この件について、宮地さんは別の説を提示しました。それは、風が樹木を通り過ぎる際に根元で対流を起こし、新雪を巻き上げて運んでしまうからかもしれないというもの。もちろん、宮地さんは定説を否定しているわけではなく、定説以外に考えられる大きな一次的要因としてご自身の説を聞かせてくれました。

個人的には宮地さんの説の方がすんなり受け入れることができます。少なからず定説の樹木の熱効果はあるのかもしれません。しかし、この根元の窪み現象に関しては熱力学的なものより物理学的な力の方が遥かに強大な気がします。

以上のお話はほんの一例で、ほかにもいろいろおもしろい話を聞かせていただきました。この場を借りてお礼を申し上げます。


1102119
ちなみに、宮地さんは山と渓谷社から出版されている『奥日光 自然観察ガイド』(900円)の著者でもあります。この本には「奥日光の自然がどのように形成されたか」という根源的なお話から植生や地理的特徴、現地で見られる動植物のそれぞれの紹介、おすすめハイキングコースや見どころなどが掲載されています。初めて手にする人でもわかりやすく書かれているので、奥日光の自然をもう少し詳しく知りたいという人には最適な案内書になるでしょう。単なるハイキングにネイチャーウォッチングという付加価値を与えてくれる一冊だと思います。


(撮影:2011.2.11/日光市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

図鑑紹介…植物(木本)

自分にクイズを出して楽しもう!

1004141
樹木のことを調べるならこの三冊があれば事足ります。樹木検索の三銃士、じゃなくて三樹士と言ったところでしょうか。ただし、名も知らぬ樹木を木肌や花、葉っぱを手がかりに探すのは一苦労です。

樹皮から検索しようとすると、まず答えにはたどり着けないでしょう。たどり着いたとしても相当の時間がかかります。同様に葉の形からも難しいです。仮に樹皮や葉の形から検索するのであれば、樹皮図鑑や葉っぱ図鑑といったものを利用した方がはるかに効率的です。最近は樹皮や葉っぱから木の名前を探し出せる便利な図鑑が数多く出ています。そのなかから自分が使いやすいと思ったものを購入するのが一番です。

では、この三冊はどのように使うのかというと…

私は自分にクイズを出すような気持ちで使っています。この図鑑は離弁花、合弁花、単子葉、裸子植物と分類されているので、花の形がわかるならそれを手がかりに検索すると効率的です。

花がない時季が問題です。そんなときは時間をかけて謎解きするくらいの心の余裕を持って手にします。自分はまず、課題となっている樹木がバラ科であるか否かを検討します。樹皮はサクラやウメの樹皮を思い浮かべます。葉っぱも同様にサクラやウメの葉を頼りにふるいにかけます。次にカエデ科やブナ科、カバノキ科などを検討します。この4つを除外すると、かなり探す手間が省けます。あとはのんびりとページをめくって探していくだけ。これを何度も繰り返すと答にたどり着くまでの時間が早くなっていくと思います。現在、私はこの4科に加えモクレン科、ヤナギ科などをふるいにかけられるくらいですが、数年前とは比べ物にならないくらい探すのが早くなりました。

上には書きませんでしたが、竹などのイネ科、スギやマツ、ヒノキなどの針葉樹は誰でもわかると思います。樹木の名前探しゲームみたいで、暇つぶしにはちょうどいいです。退屈しているときにお試し下さい。

図鑑の版元は山と渓谷社。山渓ハンディ図鑑「樹に咲く花」の3分冊です。各3600円+税。それぞれ700ページ以上あるので見た目よりかなり重いです。ハンディ図鑑と銘打っていますが、これを携帯して山を歩くのは厳しいです。樹木初心者なら3冊持って歩かなければなりません。これはもう拷問でしょう。止めておいた方がいいです。

「ハンディ図鑑」というのは携帯性を意味するのではなく、どでかいアルバムみたいな図鑑を机に広げるよりはスマートに検索できる本と受け取ったほうがいいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

図鑑紹介…カメムシ

1004131
カメムシならお任せ下さい。この図鑑を手にするとそう言いたくなりそうです。身近で見つけたカメムシの名前を調べるのには十分すぎる図鑑です。自分はこの図鑑を使って名前が判明しなかったのはほんの数回でした。その数回は自分の能力不足によるもので、図鑑に不備があったわけではありません。

上に載っている緑の図鑑には353種が掲載されています。この数は日本に生息するカメムシのほぼ半数だそうです。さらに、これを補う形で下の水色の第2巻が発行されました。この2冊さえあれば、ほとんどのカメムシの名前がわかるのではないかと思います。

数年前、カメムシに興味を持ちこの図鑑を買いました。当時はかなりカメムシ熱に浮かされたものです。その後も微熱は続いていましたが、今は小康状態。そのうち急に発熱するかもしれません。最近はカメムシの匂いを確かめる「カメムシTRY!」もお休みしているので、近いうちに再開しようと思います。

版元は全国農村教育協会。第1巻はカラー図版144ページ、全体では380ページ(9030円+税)。第2巻はカラー図版96ページ、全体で352ページ(9500円+税)。

カメムシ専門の図鑑があることに驚いたものですが、虫に関してはほかにもいろいろな専門図鑑があります。カミキリムシ、トンボ、ガ、チョウ、ゲンゴロウなど。魅力的な図鑑がたくさんあるのですが、なにせお高い! 生半可な気持ちでは購入できません。でも、カミキリムシ図鑑はほしいなー。いや、その前に蛾の図鑑ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

産毛が普通の毛になる本

1004081
「地衣類に関する知識は素人に毛が生えた程度」と胸を張って言えます。しかもその毛は産毛です。

地衣類は菌類と藻類が共生したものということは前から知っていました。ま、知っていたと言っても言葉上のことで、どこにどのような形で藻類たちが存在しているかは知りませんでした。そんな初歩的な疑問を一気に解決してくれたのが写真の本です。

この本は間違いなく素人の産毛をちゃんとした毛にしてくれる本です。


共生する藻類は種類によって決まっている。
共生するのは緑藻やシアノバクテリア(藍藻類)など。
地衣体の色は共生している藻類の色に影響される。
上記以外にも、初心者にとっては目から鱗、あるいは「あぁ、なるほど納得」みたいなことを次から次へと教えてくれる本です。図鑑ではないので地衣類の写真がずらりと並んでいるわけではありませんが、身近で見られる種のほとんどが写真で紹介されています。特殊な場所で地衣類探しをするわけではないので、図鑑としても十分期待に応えてくれると思い即購入しました。

あの木の上に生えているコケみたいなものは何? 
地衣類って何だろう? 
少し地衣類のことを勉強してみるか…

このどれか一つでも考えたことのある人にはおすすめしたいです。事典や辞書のように地衣類を紹介した堅苦しい文章ではなく、のびのびとおおらかに地衣類の不思議や魅力を説いてくれる本です。買わないまでも、本屋で見つけたならサッと目を通してみてはいかがでしょう。きっと、今まで知らなかった世界が身近にあったことに気づくと思います。

さて、この本の版元はソフトバンククリエイティブ株式会社。同社のサイエンス・アイ新書のなかの一冊です。書名は『地衣類のふしぎ』(952円+税)。

私はすでに2回読みました。歳をとると記憶力が悪くなり、一冊を通しで読んでも頭に残るのは1割くらいです。ですので、10回読まないと一冊分が頭に入りません。だからあと8回読まねば! いや、これ、冗談じゃないですよ。ホントの話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

図鑑紹介…植物(草本)

1004071_2
植物初心者の私にとっては十分すぎる図鑑です。“なんとかなる図鑑”とでも言いましょうか、「黙って開けば、たいがいわかる」的なお助け図鑑です。身の周りの野草(外来種は除く)のほとんどが載っています。

使い初めの頃は最初のページから順にめくって、似ている植物が見つかるまで探し続けていました(非常に効率が悪いですね)。ところが、この図鑑は科ごとに並んでいるので、慣れてくるとそれぞれの科の特徴がなんとなくわかってきます(ホントになんとなくです)。

少し慣れてくると、削除形式で絞り込んでいく方法を覚えました。すると、最初の頃とは比べ物にならないくらいのスピードで探し当てられるようになりました。

私がよくやるのは、名前を調べたい植物がキク科かどうかを判断すること。キク科の花は中央にモコモコした集まりがあります。このような花は頭状花と呼ばれるそうです。キク科は図鑑全体の15%を占めるので、この分を除外すると探す手間が大幅にカットできます。次にマメ科か否かを判断します。マメ科の花は舌みたいな形をしたものが付いているのですぐ判断できます。そのあとはタデ科、アブラナ科、キンポウゲ科、ユリ科などを除外していきます(特徴が顕著なものをとりあえず覚えることにもつながります)。除外できるかどうかを判断できる科を増やしていくと能率はどんどん上がってゆくものです。

上には書きませんでしたが、スミレ科かどうかは誰でもすぐにわかると思います。あとはカヤツリグサ科、イネ科も比較的すぐに判断できると思います。

このような削除方式を取り入れる努力をしているうちに、科の特徴がなんとなくわかるようになり(しつこいようですが、なんとなくです)、野外で名前のわからない野草を見つけたときに、何科の仲間か見当がつけられるようになりました。ただし、大はずれするときもあります。大はずれしたときはしたときで、そのショックが刺激となり記憶に深く留めることができます。

このようなことを繰り返しているうちに、科ごとに並んでいる図鑑がいかに使いやすいかを実感するようになりました。なかには花の色や形、生えている場所などで分類している図鑑があります。確かに検索効率はそちらの方が高いと思います。手っ取り早く知りたいのなら絶対にそちらをおすすめしますが、長く植物と付き合っていこうと考えるなら、科ごとに並んだ図鑑の方がいいと身をもって感じている次第です。

さて、写真の図鑑の版元は山と渓谷社です。山渓ハンディ図鑑シリーズの『野に咲く花』(2816円+税、ずいぶん半端な価格です)と『山に咲く花』(2800円+税)。この図鑑は花や実の細部の写真が載っているのもありがたいです。さらに、ハンディ図鑑と銘打っているだけに、野外に持ち運べる携帯性も魅力です。

私はこの図鑑しか使ったことがないので、他の図鑑と比較したことがありません(比較する必要がありませんでした)。なので、絶対にこれがいいとおすすめすることはしません。ただ、初心者の私が使ってみて活用性の高さと充実した内容を実感していることだけはお伝えしたいと思います。

ちなみに、身の周りに生えている植物を知りたいのなら『野に咲く花』だけで十分だと思います。雑木林やちょっとした山にまで手を広げる方は『山に咲く花』もあった方が心強いでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

図鑑紹介…きのこ

1004061
素人の私にとって最強タッグが上の二冊です。まず、小さい方の図鑑で当たりをつけて、大きい方で再確認します。ほとんど小さい図鑑で済んでしまいます。それくらい写真が素晴らしいということでしょうか。写真が素晴らしいというのは、美しいというのはもちろん、きのこの特徴がよく表れているということです。さすがプロの仕事と言えるのではないでしょうか。

ちなみに両方とも版元は山と渓谷社です。小さい方は「山渓フィールドブックス」シリーズの7、きのこ(2000円+税)。大きい方は「山渓カラー名鑑」シリーズ、日本のきのこ(4495円+税)。

この二冊で見つからなかった場合は、諦めてしまうことが多いです(ときどき諦めきれずにネットで写真を探したりしますけど)。

個人的に、きのこの図鑑は何冊あってもいいと考えています。きのこは発生してから時間が経つと色や形が微妙に変化するものがありますし個体差もあります。ですので、複数の写真を見比べて判断したいと思っています。これは、私が素人であるからそんなことが必要になるだけで、専門家や慣れた人なら一つの写真からきのこの特徴を的確に見極めることができるのだろうと思います。


1004062
というわけで、宝の持ち腐れ状態で複数のきのこ図鑑を所有しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

図鑑紹介…蜘蛛

ネタが尽きたので、手持ちの図鑑を紹介してお茶を濁すことにします。まずは、所有するものの中で一番使ったと思う蜘蛛の図鑑から。おかげさまで表紙のカバーはすり切れて表面のコーティングがはげそうです。

1004051
身近で見かけた蜘蛛の名前が知りたい…

そう思ったらこの図鑑をおすすめします。日本のクモの代表的なもの565種が収録されているので、よほど珍しいものでなければ名前を知ることができます。ただし、蜘蛛を同定(種を判別すること)する場合、生殖器を精査しなければ判断できないものも多いので、正確な同定には顕微鏡と生殖器の図が載っている専門的な図鑑が必要です。

版元は文一総合出版。336ページでカラー写真満載です。写真は大きめで、見つけた蜘蛛と絵合わせをするにも問題ありません。科ごとに並んでいるのもGOODです。手頃な価格(4200円+税)で手に入る蜘蛛の図鑑はこれくらいしかないのではないでしょうか。ちなみに、専門的な図鑑は3万円以上します。

体長が7ミリ以上の蜘蛛なら、たぶんこの図鑑で見当がつけられると思います。小さな蜘蛛はちょっと難しいかもしれません。でも、頼りになる図鑑です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おすすめ図鑑

100308
樹木のことをほとんど知らないので、木の名前を少しでも覚えようと思い、図鑑を買いました。値段は2,415円なり。

書店に並ぶ多くの樹木図鑑が2,000円を切る値段であることを考えると、少々高めでしょうか? 掲載されている樹種は約250種。他の図鑑に比べるとちょっと少ないようです。値段が高い上に少ない。それでもこの図鑑を選んだのは、葉・樹皮・花の様子が明確にわかるから。他の図鑑と比較すると一目瞭然です。

いくら掲載点数が多くても見分けられなければ仕方がありません。素人の私にとってはなおさらのこと。これからはこの図鑑を利用して木の名前を覚えていこうと思います。ちなみに、出版社は池田書店です。あまり聞き慣れませんが、その筋では有名な出版社なのでしょうか? 素人の私が言うのも何ですが、初心者には心強い味方になってくれる樹木図鑑だと思います。

上の写真だと大きさがわからないですね。サイズはB5判、288ページ、樹木の写真はすべてカラーです。図鑑部分以外では樹木の解説や用語集なども付いています。


写真を撮っていないこともあり、自然関係のネタがないので今回は本の紹介となりました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)